検索結果: スンドゥブ

韓国人が作るスンドゥブチゲの人気レシピを分かりやすく紹介します。具材としてあさり、豚肉のどちらかだけでも大丈夫です。両方入れて作る人気主婦のレシピもおすすめ!韓国語で「おぼろ豆腐」の意味ですが、絹でも美味しいです。ダシダ(鶏ガラスープの素)は好みで入れてください。
韓国の白いスンドゥブチゲのレシピ。粉唐辛子を入れないので辛くないです!ごま油の香るピリ辛醤油ダレ(ヤンニョムジャン)をかけて食べますが、豆腐に合うタレの作り方も紹介します♪
おうちで気軽にスンドゥブチゲを!韓国のレシピです。あさりがなくても作れます。スンドゥブチゲの素を作り置きしておけば、忙しい日にも簡単にスンドゥブチゲが作れるのでオススメです。韓国語で「순두부 찌개」ですが、スンドゥブはおぼろ豆腐の意味です。
豆腐を使った定番の韓国家庭料理トゥブチョリムの作り方について紹介します。ごま油の香りに豆腐の甘さが引き立つ辛さ!簡単ですがご飯泥棒になります。参考になる韓国のレシピ動画も。
イワシの魚醤は韓国の熟成キムチによく使われるので本格なキムチを漬けたい方におすすめ。その他活用できる韓国料理とレシピも紹介します。イワシエキスの作り方や、日本と韓国の魚醤の違いについても。石川のいわし魚醤よしる、いしるでキムチを漬けてみた感想も♪
万能!ピリ辛肉味噌炒めのレシピ。麺にもご飯にもよく合います。簡単で作り置きにも良い一品♪玉ねぎの甘みと豚肉の旨味に、にんにく香るピリ辛ヤンニョムが美味しいです。コチュジャン入りの韓国人気レシピも紹介します。ひき肉があればぜひ!
うずらの卵の煮物(醤油煮)の作り方。韓国定番の作り置きおかず!本場の簡単+本格レシピをお届けします。ししとうや、キノコ、豚肉、牛肉、こんにゃくなど人気具材入りのアレンジも。韓国語の料理名はメチュリアル ジャンチョリム(메추리알 장조림)です。
美味しい!ぜんまいナムルの作り方。韓国のコサリ(わらび)ナムルの人気レシピも紹介します。ぜんまいはわらびと似ている野菜なのでアレンジの際にぜひ参考にしてください。ビビンバの具材にもおすすめ!山で採れる牛肉と言われるくらい、食感や満足感があります。
生活の中で感じたことや、レシピと記事では書けなかったことを写真と共に書きとめています(2021年1月のカライチ日報)
豆腐チゲの作り方を本場の人気レシピ動画と合わせて紹介します。熟成キムチなしでも簡単に美味しく作れるコツや、豚肉入り・肉なしのレシピなどアレンジできる作り方もお届けします。健康にもダイエットにも良い豆腐たっぷりで辛旨いチゲをぜひ!
キムチチゲのレシピ。韓国で人気の作り方を紹介します。一番定番が豚肉入りのキムチチゲで、豚バラ肉がおすすめ。コクもパンチもある美味しいスープになります。粉唐辛子かコチュジャンがあれば作れますが、本格な味のためには酸味のある熟成キムチを入れるのが何より大事です。
ニラとネギたっぷりの万能醤油だれの作り方。冷奴や茹で鶏、チヂミなどのタレとして使えます。韓国では素麺、うどんにかけて食べたりもします。韓国語ではカンジャンヤンニョムジャン(간장양념장)。海苔にご飯とこのタレを巻いて食べるだけでも美味しいです。

人気記事

ハングル文字一覧(反切表)と発音を分かりやすく。覚え方・書き方の歌も♪

韓国語の文字「ハングル」の基本について分かりやすく説明します。ハングル文字一覧(反切表)も。韓国人の発音が確認できる学習用の歌と合わせて楽しく覚えられます。ハングルはたったの24文字の組み合わせで出来ています。

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!

お家で簡単に楽しめる「サムギョプサル」のレシピ。準備するタレのサムジャン、包む野菜、人気の副菜・キムチについて分かりやすくまとめました!サムギョプサルは韓国語で삼겹살ですが、三枚肉の意味です。

本場のヤンニョムチキンのレシピ。揚げない+美味しいタレの比率

韓国料理ヤンニョムチキンのレシピです。揚げなくてもフライパンで簡単に作れます。やみつきになる一品♪美味しいタレの作り方も。胸肉でヘルシーに!ヤンニョムチキンとはチキンにコチュジャン味の甘辛ソースを絡めた料理です。

小ねぎ・万能ねぎが主役のネギキムチ!韓国人主婦の人気レシピから

ねぎキムチの簡単レシピ。韓国では人気のキムチの一つです。和えてすぐ食べても美味しいですが、発酵させるとねぎの風味と甘みが増します。サムギョプサルにもよく合いますし、淡白な料理の副菜としてオススメです。長ねぎではなく、小ねぎ、万能ねぎで作ります!