ホーム 韓国料理レシピ おかず 甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐レシピ。モチモチ厚揚げで簡単アレンジ

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐レシピ。モチモチ厚揚げで簡単アレンジ

もっちり厚揚げでヤンニョムチキン♪

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の写真

韓国では普通の豆腐に衣をつけてヤンニョムチキン味にする「ドゥブ ガンジョン 두부 강정」という料理があります。

普通の豆腐の代わりに厚揚げを使えば、衣をつけなくてもヤンニョム(合わせ調味料)がよく絡みますし、モチモチと美味しいです!私の手抜きアレンジレシピです。

後半には豆腐に衣をつけて作るレシピも載せたので、参考にしてください~。

 

材料と調味料

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の材料写真

  • 厚揚げ1袋
  • にんにく(みじん切り)大さじ1/3
  • コチュジャン大さじ1
  • 粉唐辛子大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1
  • ケチャップ大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 大さじ1
  • 【厚揚げ】普通の豆腐に衣をつけて作るレシピもあります(後半に詳しく)
  • 【コチュジャン】など韓国の調味料については、こちらの記事を参考にしてください。

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1豆腐を食べやすい大きさに切ります。
  2. 2調味料を混ぜておきます。
  3. 3フライパンにサラダ油とみじん切りのにんにくを入れ、厚揚げの両面を焼きます。
  4. 42の合わせ調味料を入れて厚揚げに絡めて完成♪

 

写真付きの詳しい作り方

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のレシピ写真
Step1豆腐を食べやすい大きさに切ります。

このくらいの厚さがちょうど良いと思います~。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のレシピ写真

Step2調味料を混ぜておきます。

コチュジャン 大さじ1
粉唐辛子 大さじ1/2
砂糖 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
みりん 大さじ1
水 大さじ1

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のタレ写真

厚揚げ2枚の量に対してこのくらいのヤンニョム(合わせ調味料)を作りましたが、

濃い味が好きな方や、作り置きをしたい場合には、ヤンニョムの量をもうちょっと増やしたほうが良いです。作り置きしておくと、水気ができたりして味が薄くなりがちなので。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のレシピ写真
Step3フライパンにサラダ油とみじん切りのにんにくを入れ、厚揚げの両面を焼きます。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のレシピ写真

両面が焼けてきたら、

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のタレ写真
Step42の合わせ調味料を入れて厚揚げに絡めます。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐のレシピ写真

ヤンニョムは焦げやすいので、軽く混ぜて火を止めます~。

完成です!

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の完成

お皿に入れて食卓へ。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の写真

厚揚げのモチモチとした食感と、甘辛いヤンニョムソースが美味しいです~!

 

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の写真

豆腐だからヘルシーで良いですしね。

ヤンニョムチキンを作ったときに、フライパンにヤンニョムが残り、もったいないので厚揚げを入れてみたのがきっかけです。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の厚揚げの写真

ヤンニョムチキンソースには、ナッツ類を入れても美味しいですが、

この日は松の実しかなかったので乗せてみました~

フライパンで仕上げに入れたほうがソースと絡んで良いんですけど…^^;

 

普通の豆腐で作る場合のレシピ

私が紹介したレシピは、厚揚げを使ったアレンジレシピですが、

普通の豆腐を使う場合は、豆腐の水気を切ってから片栗粉をまぶして焼く(もくしは揚げる)必要があります。下記のレシピを参考にしてください!

韓国のレシピ

양념치킨맛 나는 두부강정 만들기! 아이들이 참 좋아해요!(韓国のレシピサイト)

合わせ調味料の内容は紹介したレシピとそんなに変わっていませんが、普通の豆腐で作る工程だけ違いがあります。韓国語ですが、写真と動画レシピが参考になると思います。

上記レシピのタイトルをよく見ると、料理名の「두부강정(ドゥブ ガンジョン)」が入っています。「아이들이 참 좋아해요!」は「子供が大好きです!」という意味です~。

日本のレシピ

日本のマカロニというサイトからも美味しそうなレシピがありました。

ごはんおかわり!もっちり旨辛「ヤンニョム豆腐」(macaroni)

「長芋」も入れていますが、美味しそうなので試してみたいなと!

 

作り置きとあとがき

甘辛ヤンニョムチキン味の豆腐の写真

このレシピは、作り置きよりは作ったばかりの時が美味しく感じました。

作り置きする時は、先程書いたとおりにヤンニョムの量をもっとたっぷりしたほうがオススメです。

 

甘辛ヤンニョムチキン味の厚揚げの写真

できた料理の写真を撮っていたら、犬のマシューがご飯をくれと急かすので、蒸したじゃがいもの皮を剥いたり^^;

そうだ、焼き鳥を食べよう(Blog)

 

ヤンニョムチキンが好きな方はこちらのレシピもおすすめです~。

ヤンニョムチキンの簡単レシピ

ヤンニョムチキン味の煮物レシピ

カライチをフォロー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

さっぱりと旨辛!豆腐チゲの韓国人気レシピ。キムチなしでも美味しい♪

豆腐チゲの作り方を本場の人気レシピ動画と合わせて紹介します。熟成キムチなしでも簡単に美味しく作れるコツや、豚肉入り・肉なしのレシピなどアレンジできる作り方もお届けします。健康にもダイエットにも良い豆腐たっぷりで辛旨いチゲをぜひ!

ゆで卵の醤油漬けの人気レシピ。ネギだれに半熟煮卵が美味しい♪韓国の麻薬卵

麻薬卵!ゆで卵の醤油漬けの韓国人気レシピ。半熟のゆで卵とネギだれが合わないわけがないですね!ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最高です。タレは混ぜるだけなのですごく簡単です。アレンジにも参考になる韓国のレシピ動画も合わせて作り方をお届けします。

酢豚の人気レシピ。プロの料理人に学ぶサクッとした衣にするコツ♪韓国タンスユク

衣がサクッと美味しい酢豚のレシピ。中国料理のシェフとして韓国人気No.1の料理人の作り方を番組放送分と合わせてお届けします。韓国式酢豚タンスユク、サクサク食感の揚げ物が好きな方は、日本の酢豚のアレンジとしてぜひ活用してください。

ヤンニョム揚げ餅のレシピ。韓国の屋台で人気のおやつ♪切り餅で簡単に

甘辛いヤンニョム揚げ餅のレシピ。韓国の屋台で人気のおやつを切り餅で簡単に作れます!ソースはヤンニョムチキンのタレに近いですが、アレンジやトッポギ用のお餅で作る際に参考になる韓国の人気レシピも合わせてお届けします。揚げ餅はフライパンで揚げ焼きするので簡単!

白菜チヂミのレシピ。外はカリッと!中は白菜の甘みがじゅわ~♪ペチュジョン

白菜のチヂミの作り方を本場のレシピ動画と合わせてお届けします。白菜だけを衣をつけて焼くだけで簡単ですが、意外と美味しくてハマる人が多いチヂミです。韓国ではペチュジョン(배추전)と言いますが、チヂミのレパートリーとしてぜひ!

人気記事

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

旨辛~!チゲ鍋の簡単レシピ。韓国で人気のスープの作り方+具材と〆

私の好きなチゲ鍋のレシピを紹介します。ピリ辛で元気になる美味しさ。何か手の込んだこと一切しなくても、本格味のチゲ鍋が簡単に作れます。韓国人の人気レシピも2つ紹介したので、参考にしてくださいね。

大根の甘酢漬けレシピ。韓国のチキンに必ずついてくるチキンムを簡単に!

大根の甘酢漬けの簡単なレシピ。韓国のチキンム(チキン大根 치킨무)の作り方です。ヤンニョムチキンや、フライドチキン、唐揚げなどの揚げ物がさらに美味しくなる甘酸っぱい漬物!

サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!

お家で簡単に楽しめる「サムギョプサル」のレシピ。準備するタレのサムジャン、包む野菜、人気の副菜・キムチについて分かりやすくまとめました!サムギョプサルは韓国語で삼겹살ですが、三枚肉の意味です。

【キンパの簡単レシピ】具材ごとのキンパの種類を分かりやすく!

韓国の海苔巻き「キンパ(キンパプ)」について具材ごとの種類とレシピを紹介します。「基本キンパ」をはじめ、主役の具材を入れた「代表的な人気キンパ」、最近人気の「流行りのキンパ」をまとめて紹介! 韓国の人気レシピも合わせてチェックしてください。

簡単かつ本格的!豚肉の甘辛炒め、チェユクポックム★定番の韓国家庭料理

韓国の豚肉料理の定番「제육볶음(チェユクポックム)」のレシピを紹介します。粉唐辛子とコチュジャン入りの甘辛い味付けで、豚肉と野菜を炒めた料理です。料理研究家ペク・ジョンウォンの人気レシピを中心に紹介します。料理番組の動画も♪

ゆで卵の醤油漬けの人気レシピ。ネギだれに半熟煮卵が美味しい♪韓国の麻薬卵

麻薬卵!ゆで卵の醤油漬けの韓国人気レシピ。半熟のゆで卵とネギだれが合わないわけがないですね!ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最高です。タレは混ぜるだけなのですごく簡単です。アレンジにも参考になる韓国のレシピ動画も合わせて作り方をお届けします。