ホーム 韓国料理レシピ 鯖と大根のコチュジャン煮。韓国人のレシピ動画♪煮付けに使う基本調味料

鯖と大根のコチュジャン煮。韓国人のレシピ動画♪煮付けに使う基本調味料

韓国で魚の煮付けには、コチュジャンと粉唐辛子

魚の煮付けを作る時、韓国では粉唐辛子とコチュジャンを入れるのが基本です。

スパイシーな調味料を入れることで、臭みを消し、魚の甘みも際立ちます。カレー粉も魚料理によく利用されますよね。

今回はさばに大根をたっぷり入れて、煮付けを作りました! 参考にした韓国人のレシピおよび動画は後半に紹介します~。

 

 

材料と調味料

鯖の煮付けの材料
大根は写真の半分くらいでも十分です~。

  • 1匹
  • 大根1/3本
  • ネギ1本
  • 玉ねぎ(あれば)1個
  • 醤油大さじ4
  • コチュジャン大さじ2~3
  • 粉唐辛子大さじ1
  • 料理酒大さじ2
  • みりん大さじ2
  • 砂糖大さじ2
  • にんにく(すりおろし)大さじ2
  • 生姜(あれば・みじん切り)大さじ1/2
  • 塩コショウ少々
  • 【コチュジャン・粉唐辛子】好きな辛さに合わせて調整してください。コチュジャンを少なめに入れる方は、醤油か味噌を追加してください!
  • 【砂糖】韓国では代わりに梅シロップをよく入れるので、ある方は梅シロップがおすすめです
  • コチュジャン、梅シロップについては、韓国調味料の紹介記事からチェックしてください

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1鯖を綺麗に洗い、食べやすい大きさに切ります
  2. 2大根は厚めの半月切り・ネギは斜め切り・玉ねぎはくし切りにします
  3. 3調味料をすべて入れて混ぜます
  4. 4大根を一番下に敷いて、玉ねぎとネギと鯖をその上に乗せます。混ぜた調味料をかけ、野菜が隠れるくらいのお水を入れます(※)
  5. 5最初は強火で、煮立ってきたら弱中火に変えます。時々鯖に汁をかけます。汁の味見をして塩で塩加減を調整します。煮詰まってきたら完成♪

※大根に水を入れて先に煮てから、鯖と調味料などを入れても大丈夫です。水の代わりに昆布や煮干の出汁を入れるとより美味しくなります。

 

 

写真付きの詳しい作り方

1鯖を綺麗に洗い、食べやすい大きさに切ります

魚を切る写真がなかったので、今回鯖を購入した魚屋さんの写真を代わりに。^^

 

こちらの石川生まれの鯖を、煮付け用に捌いてもらいました。

とっても新鮮です♪

 

2大根は厚めの半月切り・ネギは斜め切り・玉ねぎはくし切りにします

最初から鯖などすべて入れて煮込む場合は、大根を写真より薄く切ったほうが良いです!

 

私は厚く切って、お水と入れて先に煮はじめました。くし切りした玉ねぎ半分も~。

玉ねぎは必須ではないですが、甘みが出るので入れるのが好きです。

水の代わりに昆布や煮干の出汁を入れるとより美味しくなります。父は野菜から取った出汁をよく入れます。

 

大根を煮ている間、ネギを斜めに切り、

ニンニクと生姜のみじん切りも用意します。

 

3調味料をすべて入れて混ぜます

調味料(ヤンニョム)

  • 醤油 大さじ4
  • コチュジャン 大さじ2~3
  • 粉唐辛子 大さじ1
  • 料理酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • にんにく(すりおろし)大さじ2
  • 生姜(あれば・みじん切り)大さじ1/2
  • 塩コショウ 少々

 

4大根を一番下に敷いて、玉ねぎとネギと鯖をその上に乗せます。調味料をかけ、野菜が隠れるくらいのお水を入れます(※大根に水を入れて先に煮てから、鯖と調味料などを入れても大丈夫です)

私は、※のやり方で!大根が半分くらい煮えてきたので、他の具材と調味料を追加しました。

 

残りの玉ねぎとネギを入れて、調味料の半分をかけ、

 

鯖をその上に乗せて、調味料の残りの半分をかけました。

 

水は追加しなくても、また野菜から汁気が出てくるので大丈夫です。

 

5最初は強火で、煮立ってきたら弱中火に変えます。時々鯖に汁をかけます。

汁の味見をして塩で塩加減を調整します。

 

20分くらい、煮込みました。

 

アルミホイルで落し蓋をしてしばらく~。

 

煮詰めてきたら完成♪

今回大根をたくさん入れたので、とろみが出にくかったのですが、大根と鯖に味が染み込んだので火を止めました!

 

大根もピリ辛~

鯖もコチュジャン、粉唐辛子、ニンニクが効いて臭みを感じにくく、美味しかったです!

少し時間を置いて、食事の前に火をかけて温めて食べましたが、より味が馴染んで美味しかったです。

 

 

参考にした韓国人のレシピ+動画

この前、サムジャンレシピの時に紹介した韓国人主婦のYouTuberです。

調味料は今回紹介したレシピと少し違いますが、大根を最初に煮込む流れなどを参考にしています。

唐辛子と大根の葉っぱも入れています!

最後に試食シーンで美味しい~って感じの微笑みが可愛いです~^^

人気の簡単レシピ&韓国語の料理名

韓国のレシピサイトで人気だった下記のレシピから調味料の分量を参考にしました。

大根を薄く切り、全ての材料を最初に入れてから煮込む流れです。忙しい時は、シンプルにこの作り方で良いですね!

調味料は載せたレシピとほぼ同じ分量ですが、大根を少なく入れて、玉ねぎも入れてないので、もっと濃い色で煮詰められています~

고등어무조림(풀향기, 만개의 레시피)

韓国語のタイトルが「고등어 무조림」と書いていますが、今回の料理名です。

  • 고등어 ⇒ 鯖・コドゥンオ
  • 무 ⇒ 大根・ム
  • 조림 ⇒ 煮付け・チョリム

고등어 무 조림 반찬(815요리사랑, 만개의 레시피)

こちらの方も同じタイトル! 最後の「반찬 バンチャン」はおかずという意味です。

ほぼ同じ作り方ですが、味噌を少し入れています。

次回はコチュジャンの一部を味噌に変えて作ってみようと思っています。

 

レシピのあとがき

作ったものを味見していたら、梅酒が飲みたくなりました。

韓国人は梅シロップを砂糖の代わりによく入れますが、梅酒の原液を入れても美味しいかな?と思ったり。もったいないと思いますけど、美味しくなりそうな気がします。

 

夫が最初、大根も辛い!と言っていましたが、

少し冷めたら辛さがマイルドになって美味しいとのこと。

でも夫はそもそも魚の煮付け料理をそれほど好きではないので、テンションは高くならない様子でした。

 

大根をたくさん入れたので汁が減らず…お豆腐も投入しました。辛いスープに豆腐は美味しいですよね~

太刀魚のコチュジャン煮も美味しいので、太刀魚の季節を待っています。

 

コチュジャンなどの調味料記事

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

カライチ日報:今日の写真とひとこと(9月1日~)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(9日1日~)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどをほぼ毎日更新します!

【チェジュ島旅①】直行便のティーウェイで!ソウルから行く方法もあった

チェジュ島観光1日目。東京から直行便のティーウェイ航空に初めて乗ってみました。ソウルのインチョン・キンポから行く方法もあるのでその情報も。国際線出発1時間前に空港に着いたり、手荷物0キロのフライトだったりのアクシデントを経て無事にチェジュ島にたどり着きました。

ゆでイカとキュウリの酢コチュジャン和え:韓国レシピ ♪おつまみでも人気

韓国定番のゆでイカの和え物レシピです。甘酸っぱくて辛くてやみつきになります!おかずとしてもおつまみとしても人気。イカの代わりにタコでもOK。コチュジャンさえあれば簡単に作れるのでぜひ!

鯖と大根のコチュジャン煮。韓国人のレシピ動画♪煮付けに使う基本調味料

鯖の煮付けレシピ。大根も入れて韓国のコチュジャン味噌煮を作りました。魚の煮付けを作る時、韓国では粉唐辛子とコチュジャンを入れるのが基本です。韓国人の作り方およびレシピ動画も合わせて紹介します。

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月21日~30日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月21日~30日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどをほぼ毎日更新します!

サムジャンの簡単レシピ。父+韓国人の作り方3選 ♪サムギョプサルの味噌

サムギョプサルの味噌で人気のサムジャンのレシピ!味噌とコチュジャンをベースに、ニンニクなどの薬味を加えて作る韓国の甘辛味噌です。父と他の韓国人の作り方を紹介。作るのは簡単です。サムジャンの使い方と韓国語についても!

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月11日~20日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月11日~20日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどを毎日更新します!

本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国の料理研究家のレシピ+動画

おうちで本格的なオイキムチを!韓国のレシピですが、魚醤さえあれば意外と簡単です。信頼できる料理研究家のレシピと主婦の動画レシピ2編から作り方をお届けします。今回作ったキュウリキムチを韓国語で「オイソバギ」と言います。

伯母の鰻屋さんで。韓国はうなぎも包んで食べる?ソウルで人気のお店など

韓国で食べたうなぎ!食べ方やソウルと京畿道のおすすめの鰻屋さんを紹介します。夏は参鶏湯も食べますが、うなぎも!人気のテレビ番組の動画も合わせてお届けします。