ホーム 韓国料理レシピ 本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国の料理研究家のレシピ+動画

本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国の料理研究家のレシピ+動画

おうちで本格的なオイキムチを。

このような丸い形のオイキムチを韓国語では「オイソバギ 오이소박이」と言います。

キュウリを簡単に和えるキムチは作ったことはありますが、このような本格的なオイソバギを作ったのは初めて!

色々レシピをチェックしましたが、今回は韓国のテレビ番組で放送されていた料理研究家のレシピを参考に作りました。一番基本になる材料と作り方だと思います。

後半には、もう一つ韓国人の主婦のレシピから少しアレンジできる内容をお伝えします。

動画と合わせて作り方をチェックしてください~♪

 

 

材料と調味料

この日は曲がっているキュウリが多かったのですが、まっすぐで種が少ないキュウリが良いです。

  • キュウリ10本
  • ニラ※1束
  • 2/3カップ
  • 10カップ
  • キュウリをつける塩水3/4カップ
  • 粉唐辛子3/4カップ
  • アミの塩辛※1/3カップ
  • にんにく(すりおろし)大さじ2
  • 生姜(すりおろし)大さじ1/2
  • 砂糖※大さじ1
  • 【砂糖】レシピは大さじ1でしたが、食べたときに甘みが足りなかったのでやや多めがおすすめです。リンゴ・梨・大根などのすりおろしを加える手もあります。砂糖の代わりに蜂蜜や梅シロップでもOK
  • 【アミの塩辛】いわしの魚醤(멸치액젓)を入れても良いですが、オイキムチにはアミの塩辛(새우젓)がよく合います(韓国魚醤の紹介記事
  • 【ニラ】基本ニラは入れます。追加するなら「玉ねぎ、大根」がおすすめ。栄養面で人参はキュウリとの相性がよくないので入れないほうが良いようです

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1キュウリを綺麗に洗います
  2. 2両端を切って長さを3~5等分に切ります。ひとつひとつ両側から1cmを残して違う方向に切り込みを入れます(片側の十字の切り込みでもOK)※
  3. 3塩水にキュウリを30分~1時間をつけておきます(熱い塩水に20分でもOK)※
  4. 4ヤンニョムを入れる野菜と薬味を準備します。ニラは1センチほどに切ります。すりおろしのニンニクと生姜を用意します
  5. 5キュウリがしなやかになっているかチェック。水気をしっかり切ります(キュウリをつけるのに使った塩水を3/4カップをとっておく)
  6. 6ヤンニョムを作ります。ボールに調味料の全てを入れてよく混ぜます
  7. 7ヤンニョムをキュウリの切り込みに入れ、全体にまんべんなくつけてから容器に入れます。
  8. 8半日~1日室温で熟成した後に冷蔵保管します。完成♪
  • 【切り方】詳しくはレシピ動画や詳しいレシピから! 後半のアレンジレシピ動画では十字の切り込みで作っています
  • 【熱い塩水】につける主婦が多いです。つける時間も短縮しますし、歯ごたえがよくなります

 

韓国のレシピ動画

今回、主に参考にしたレシピはこちらの動画です。

日本NHKの料理番組「きょうの料理」に似たような韓国のテレビ番組で放送された内容です。

信頼できる韓国の料理研究家のオイキムチの基本レシピ!

今回作ったレシピは、熱い塩水につけたこと以外は、こちらのレシピと全く同じです。

 

 

写真付きの詳しい作り方

1キュウリを綺麗に洗います

私は普通に水で洗いましたが、より綺麗にしたい方は、塩で表面をこする方法も!

棘が多いキュウリの場合は、包丁で表面を整えます。

2キュウリを切ります

まず、両端を切って長さを3~5等分に切ります。

ひとつひとつ両側から1cmを残して違う方向に切り込みを入れます。

片面は、裏側の1cmを残して縦に切ります

 

もう片面は、裏面の1cm残して横に切ります。

料理研究家の方はこちらの切り方をすすめていました。動画の3:20から切り方を確認できます~。

 

★片側の十字の切り込みでもOK!
こちらのほうが一般的ではありますが、1cm残っているところに切り込みがないので、そこだけヤンニョムが馴染みにくい短所があります。
後半のレシピ動画はこちらの切り込みで作っているので参考にしてください。

 

3塩水にキュウリを30分~1時間をつけておきます(熱い塩水に20分でもOK

塩水は、キュウリ10本が全て入る水の量に、塩2/3カップを加えて作ってください!

動画の最初に1カップと出ていますが、2/3カップくらいで良いと思います。私は今回キュウリ7本で作ったので、塩を少なめに入れました。

 

熱い塩水のまま、すぐキュウリにぶっかけます。

熱い塩水でつけると、つける時間も短縮しますし、歯ごたえがよくなります。

後半のレシピ動画もこちらのやり方で作っています。うちの田舎のおばあちゃんも熱い塩水で作っていました。

 

キュウリが上がってくるので、重い皿を乗せておきます。

 

キュウリがお風呂に入っている間に、ヤンニョムの準備を!

 

4ヤンニョムを入れる野菜と薬味を準備します。

ニラは1センチほどに切ります。もっと長めに切る人もいるので好みに~♪

玉ねぎや、大根を入れる方はそれも!短く薄い千切りにします。

 

ニンニクと生姜はすりおろしを!

リンゴや梨、大根のすりおろしを入れる方はそれも合わせて用意♪

 

5キュウリがしなやかになっているかチェック。水気をしっかり切ります

水気を切る時は、水で流さなくても大丈夫です。

★ヤンニョムに入れるので、キュウリをつけるのに使った塩水を3/4カップをとっておきます

 

しなやか!  両側の切り込みの形もよく見えますね。

味見をして塩加減もチェック。

ヤンニョムが馴染みやすく、水気をしっかり切ってくださいとのこと。料理研究家の方は布巾で水気をふいていましたが、そこまではしなかったです。

 

キュウリ7本で作ったので調味料は全体的に少なめに入れました。

6ボールに調味料の全てを入れてヤンニョムを作ります

まず、ボールにキュウリをつけるのに使った塩水3/4カップを入れます。

 

ヤンニョムの調味料

  • 塩水 3/4カップ
  • 粉唐辛子 3/4カップ
  • アミの塩辛 1/3カップ
  • にんにく(すりおろし) 大さじ2
  • 生姜(すりおろし) 大さじ1/2
  • 砂糖 大さじ1

食べたときに甘みが足りなかったので、砂糖はやや多めがおすすめです。

 

同じ量の塩水と粉唐辛子を混ぜてから、

 

実家から持ってきたアミの塩辛!

キムチの野菜によって合う魚醤がありますが、キュウリのキムチはアミの塩辛(새우젓)が合います。

いわしの魚醤(멸치액젓)でも大丈夫ですが、さっぱり感が足りないとか魚臭く感じやすいと言います。でもなければどんな魚醤でも入れてみましょう^^

  1. 韓国の魚醤についてはこちらの記事にもう少し詳しく書きました
  2. いわしの魚醤(楽天): ハソンジョン400g / ハソンジョン800g
  3. Amazon「アミの塩辛」商品一覧

 

生姜、にんにく、砂糖、アミの塩辛を入れて混ぜてから

 

最後にニラを入れて混ぜます!

順番は特に守らなくてもいいと思いますが、一応動画と同じ流れに。

 

7ヤンニョムをキュウリの切り込みに入れ、全体にまんべんなくつけてから容器に入れます。

 

キュウリをボールで全体的に混ぜてから、

 

切り込みに入れる流れが効率が良いです。

(通り過ぎる夫にお願いして写真を撮ってもらいました)

 

8半日~1日室温で熟成した後に冷蔵保管します。完成♪

一晩冷蔵庫に入れてから出してみました!

 

ドドーン!

本格的なオイキムチは初めてだったので、どんな感じか開けるのがすごく楽しみでした。

 

じゃ~ん!

 

オイキムチの良い匂いが~~~

 

美味しかったです!

ぽりぽり歯ごたえが非常に良かったです。

でも、もう少し甘みが欲しかったので、今度作る時には、砂糖を追加するか、玉ねぎ、リンゴ、大根などの具材・すりおろしを追加しようと思っています。

前日の夕方くらいに作って、寝る前まで7時間くらい外で熟成。その翌日の朝だったのですが、もう美味しく食べられることが分かりました。

 

そして、二日目のオイキムチ!

もうちょっと熟成された香りと味でした~♪

 

 

韓国人の主婦のレシピ動画

もうひとつ違う作り方の動画を紹介します。

ズッキーニナムルのレシピの時に紹介した方の動画ですが、若いお嫁さんがベテラン主婦のお義母さんが料理している姿を撮っています。

計量とか適当なところがありますが、生活に馴染んでいる自然なレシピが参考になります。

お嫁さんとお義母さんの会話がたまに入っていますが、お互い違う話をしていて通じない感じがオチでとっても面白いです。

上記で紹介した内容と大きく違うところだけ、要点を整理すると

  • 切り込みは片面の十字の形にしています
  • 熱い塩水でつけています
  • 野菜はニラ以外に、玉ねぎ、大根などの千切りを入れています
  • ヤンニョムに「アミの塩辛」「いわしの魚醤」を両方とも同じ量で入れています
  • 砂糖の代わりに「梅シロップ」を多めに入れています
  • キムチのり(もち粉を水で溶き糊状にしたもの 찹살풀)を少し入れています

※キムチのりはオイキムチの時には入れない人が多い様子でした

 

日本と韓国のオイキムチの違い

夫にじゃ~んと見せたら「日本のオイキムチは赤くないけどね」と言いました。

日本の焼肉屋でオイキムチを食べたことがないのですが、どうやら粉唐辛子があまり入ってなくて赤くないみたいです。

韓国のレシピを見ると、大体こんな感じで赤いんですけどね。

でも赤くても不思議と辛くないです。キュウリが辛さを抑える感じです。

さっぱりピリ辛!

 

時間が経つと、だんだんキュウリから水が出てきます。

このヤンニョムをご飯にかけて食べても美味しいです!

今回初めてだったので、基本に充実した作り方をしましたが、いろいろアレンジしてみたいです。

またいろんなオイキムチの作り方を紹介しますね~。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月22日~)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月22日~)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどを毎日更新します!

サムジャンの簡単レシピ。父含め韓国人の作り方3選 ♪サムギョプサルの味噌

サムギョプサルの味噌で人気のサムジャンのレシピ!味噌とコチュジャンをベースに、ニンニクなどの薬味を加えて作る韓国の甘辛味噌です。父と他の韓国人の作り方を紹介。作るのは簡単です。サムジャンの使い方と韓国語についても!

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月11日~20日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月11日~20日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどを毎日更新します!

本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国の料理研究家のレシピ+動画

おうちで本格的なオイキムチを!韓国のレシピですが、魚醤さえあれば意外と簡単です。信頼できる料理研究家のレシピと主婦の動画レシピ2編から作り方をお届けします。今回作ったキュウリキムチを韓国語で「オイソバギ」と言います。

伯母の鰻屋さんで。韓国はうなぎも包んで食べる?ソウルで人気のお店など

韓国で食べたうなぎ!食べ方やソウルと京畿道のおすすめの鰻屋さんを紹介します。夏は参鶏湯も食べますが、うなぎも!人気のテレビ番組の動画も合わせてお届けします。

なすのナムルの作り方♪ 韓国のレシピ動画(レンジOK・常備菜でおすすめ)

なすのナムルのレシピ!韓国主婦の作り方を紹介します。蒸して作ってもレンジでチンして作ってもOK!ぱぱっと和えて簡単に作れます。冷たいほうがむしろ美味しいので、作り置き常備菜としておすすめです。

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月1日~10日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月1日~10日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどを毎日更新します!

いつも幸せな気分になる。東大門の「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ」

東大門タッカンマリの人気店「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ」のグルメレポート!メニュー、食べ方についても詳しく。他の韓国人のブログと他のオススメのお店についても紹介します。ソウル観光で絶対に欠かせないお店です。

ビビンバのタレ! 韓国人の人気レシピ7選 ♪万能コチュジャンタレを作ろう

ビビンバの本格レシピを紹介!タレを中心にまとめましたが、具や作り方について参考になる情報もあります。韓国で人気のブログやYouTubeからピックアップしてお届けします。

ソウル駅から南大門へ。母おすすめの参鶏湯専門店でランチ ♪北村店も

韓国ソウルの南大門で美味しい参鶏湯を食べました。北村店もあります!韓国で人気で、母オススメのお店。土用の丑の日に韓国人は参鶏湯を食べます。