ホーム グルメ&旅 ソウルで食べたチーズタッカルビは韓国人に人気の穴場だった!ミシュラン

ソウルで食べたチーズタッカルビは韓国人に人気の穴場だった!ミシュラン

ソウルの美味しいタッカルビのお店

前回、韓国のソウルに帰った時、タッカルビを食べたいと思って、姉夫婦に美味しいお店がないか聞いてみたら、近所のお店に連れて行ってくれました。

実際食べてみたら、お肉も柔らかく美味しかったので、紹介したいと思います。

後で知りましたが、ミシュランガイドのお手頃価格のコスパの良い店、「ビブグルマン」に2年連続で掲載されるほど、有名なお店でした~!

 

お店の名前は『オグンネ タッカルビ 오근내닭갈비』

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真
当時妊婦だった姉のために、ほどかれた靴のひもを結んでくれている義理の兄^^;

看板に「3」と書いてあるのは、このお店が3号店だからです!

ソウル瀧山(ヨンサン 용산)に3店舗があり、全て家族が運営しているとのこと。姉がお店の人から聞きました。

韓国人に人気の穴場の店ですが、残念ながら明洞(ミョンドン 명동)などのよく知られた観光地にはないです。

ですが龍山は、4号線の明洞駅から4駅の三角地(サムガッチ)駅からも歩けますし、明洞駅から2駅先のソウル駅で1号線に乗り換えれば、そこから2駅で龍山駅なので、すぐ近くという感覚です。

ソウル駅の近くであれば、タクシーで行くのもおすすめです。

行く方のために、お店の場所などの基本情報は、記事の最後に書きますね。基本情報から見たい方は、こちらをクリック♪

チーズタッカルビの人気レシピ記事はこちら

 

お店の雰囲気とタッカルビの食べ方

オグンネタッカルビ3のお店の風景

3号店はそれほど大きくなかったです。

立っている女性がお店の方。親切でした~

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

早速、タッカルビを注文!

キャベツ、玉ねぎ、お餅(トッポギ)、そして主人公の鶏のもも肉。

シソのような葉は、ケンニプ(깻잎)というゴマの葉です。シソとはまた違う強い香りがします。

シソは韓国ではあまり一般的ではなく、私はスーパーで売っているのを見たことがありません。

その代わり(?)ケンニプは、韓国では愛されている野菜で、肉を包んだり、味のアクセントにしたりしますし、常備菜として醤油漬けにしたりもします。

日本ではときどきシソが苦手な人がいますが、ケンニプが苦手な韓国人はほとんどいません。日本人夫はシソはまったく食べられませんが、ケンニプは好きではないものの食べられます

癖が強い選手権では、おそらくシソの勝ちかもしれません(*_*)

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

赤いヤンニョム(調味料、味付け、양념)を、まんべんなく混ぜます。

 

マッコリを飲む前にやるべきこと

マッコリ(막걸리)が来ました。

飲む前に、逆さにして渦を巻くように回転させたりしてマッコリを混ぜます。

 

タッカルビは自分が混ぜる

ヤンニョムを混ぜるのに忙しい義理の兄

 

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

私は食べごろを待ちながら、マッコリを飲んでるだけ!

甘すぎずさっぱりしてて美味しい。

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

ほとんど出来上がり!

味がよく染みるようにもうちょっと炒めます。

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

いよいよ食べごろ!

お店の人から、食べていいよってGoサインも来ました

日本で知られている「チーズタッカルビ」の場合は、このあと、すぐ真ん中にチーズをたっぷり入れるのですが、

こちらのお店は普通のタッカルビのお店なので、まず普通に食べてから「味変」したい時にチーズをトッピングで注文したりします(最初にトッピングしたりも)。

韓国では、チーズタッカルビというお店より、このようなお店が一般的です。

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真お家でフライパンで作ると、汁が出やすくてこんなふうにならないですよね~

蓋をせず、しっかり炒めものとして。

家でやってみたときは、大きいホットプレートを使って、蓋で蒸したりしないで炒め続けたら、似たような感じになりました。

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

主役ではないけど、トッポギも美味しい^^

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

ある程度食べたら、サリ(追加具材)を追加したりします。

うちはうどんとチーズを頼みました!

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

うどんを混ぜたら、チーズサリが来ました!

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

少しだけ蓋をしたら、

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

チーズ・タッカルビの出来上がり!

 

ソウルのチーズタッカルビ、オススメのお店の写真

サンチュや、ケンニプがあったので包んで食べたり!

上に載せた野菜はニラの和え物です~

 

韓国の茶碗蒸しの写真

姉がお店のひとに、

동생이 일본에서 왔어요(妹が日本から来ました)

と言ったからなのか、サービスで ケランチム(韓国式の茶碗蒸し 계란찜)をいただきました。

メニューを見たら、ケランチムは、5000ウォンでした!

 

韓国の町の風景

美味しくタッカルビを食べたあとに向かったところは、

 

韓国のカラオケ

ノレバン(노래방 カラオケ)^^

近くに良いノレバンがなくて、街を徘徊しました。

結局、古いノレバンに入るしかなかったのですが、楽しかった思い出。

 

お店のメニューとサリ

オグンネ タッカルビのメニュー
オグンネ タッカルビのメニュー(出典:Naver 블로그「몽몽의 먹어야사는 블로그」)

トッピングや追加の具材などを、サリ(사리)と言いますが(写真の左から二番目に書いています)

このお店のサリは、上から、チーズ(치즈)、さつまいも(고구마)、お餅(떡)、チョルミョン(쫄면)、ラーメン(라면)、うどん(우동)がありました。

チョルミョンは、冷麺の麺の太いバージョンのような感じです。わたしはうどんを頼みましたが、チョルミョンもかなり美味しいです。

一人前のタッカルビ(닭갈비)の値段は、11000ウォンです。私達は3人で2人前を頼みました~ あとでサリを追加するので。

一番左側は、お酒の値段で、瓶ビール(맥주)が4000ウォンです。

韓国側のブログを見ていると、マックッス(蕎麦冷麺 막국수)も人気みたいなんで今度食べてみたいです。ビビンマックッスと水マックッスがありますが、水マックッス(물막국수)が冷麺みたいにさっぱりした味なので、タッカルビに合いますね~。

(※100円=1000ウォンくらい)

 

おすすめの韓国グルメブログの記事(2号店)

2号店に行ってみたというある韓国人ブロガーの記事を紹介したいと思います。写真が豊富で、しかもお上手!

オグンネ タッカルビの炒めご飯
オグンネ タッカルビの炒めご飯(出典:Naver 블로그「몽몽의 먹어야사는 블로그」)

写真をクリックすると、「モンモンの食べないと生きられないブログ」という韓国のNaverブログへ飛びます。

タッカルビを食べたあと、ご飯や海苔を入れて炒めてもらえます。

写真は1人分だけ注文して、こんな量!

2~3人で少しだけ食べたい時には1人分の注文で大丈夫です~。

この炒め飯は、アル ボックンバプ(알볶음밥)と言いますが、1人前3000ウォンです。

 

お店の場所と行き方

オグンネタッカルビ3号店(오근내닭갈비 3호점)

私が行った店舗は3号店なので、先に3号店の情報を共有します。

【住所】서울 용산구 효창원로69길 14

明洞駅から3号店までの行き方は、こちらをクリック(Google地図)

Googleの経路情報を見ると、明洞駅からバスで大体25分くらいです。

★ソウル駅からタクシーで10分、4000~5000ウォンNaverの地図検索結果)。二人以上であれば、安い値段で楽でタクシーが良いかなと思います! ソウル駅の近くであれば、3号店が一番近いです。

 

オグンネタッカルビ1,2号店

本店の1号店と2号店は近くて、歩いて5分くらいの距離です。

2号店のほうがもっとお店が大きくて、綺麗で、バス停から近いので、先に2号店に行ってみるのがいいかもです~

2号店(오근내닭갈비 2호점)

【住所】서울 용산구 한강대로11길 13 용일빌딩

明洞駅から2号店までの行き方は、こちらをクリック(Google地図)

時間帯によっては、明洞駅からバス一本で10分くらいしかかからないです。

1号店(오근내닭갈비 1호점)

【住所】서울 용산구 이촌로29길 15

明洞駅から1号店までの行き方は、こちらをクリック(Google地図)

歩く時間まで含めて、明洞駅から15分くらいかかる見込みです。

ローカル感をより強く感じたい方には新しい2号店より、本店の1号店がおすすめです。1号店は混んでいてすぐ入れなかったという記事を見ましたが…

 

オグンネタッカルビの公式サイトなど

お店の公式サイトは、こちらをクリック(韓国語)

サイトには、1号店の情報と写真が掲載されています~

お店の詳細情報や他のブロガーのブログレビューを見たい方は、こちらのNaverページ(韓国語)

 

以上、オグンネタッカルビのレポートでした^^

チーズタッカルビの人気レシピ記事はこちら

カライチをフォロー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

カライチ日報:今日の写真とひとこと(2021年12月)

生活の中で感じたことや、レシピと記事では書けなかったことを写真と共に書きとめています(2021年12月のカライチ日報)

素なしでも簡単やみつき!きゅうりキムチの作り方。長芋入りのアレンジも

しゃきしゃき即席きゅうりキムチの作り方。キムチの素がなくても簡単にやみつきになる味わいに♪ 長芋入りのレシピと塩漬けして作る韓国レシピも紹介します。アレンジの際に活用してください〜。

ソウル旅。お昼はチャジャンミョン!夜はバイキングでユッケ!

ソウル旅ブログ。昼は友達が住んでいる街の中華屋さんでチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)を食べて、夜はホテルのバイキングでユッケをおつまみにワインを飲んで、韓国ドラマを見ながら一日の疲れをほぐしました。チャジャンミョンとジャージャー麺の味の違いは!?

カライチ日報:今日の写真とひとこと(2021年11月)

生活の中で感じたことや、レシピと記事では書けなかったことを写真と共に書きとめています(2021年11月のカライチ日報)

バイク便で届いた韓国お祝い料理チャプチェ、チヂミ、餅★生マッコリで乾杯

昔からの韓国お祝い料理はチャプチェ、チヂミ、餅などがあります。ソウルの実家にお祝い料理の贈り物がバイク便で届きました!伝統的な料理だから、マッコリのおつまみにも最高です〜。

平壌冷麺のソウル人気店「乙支麺屋」でさっぱりランチ。実家の朝ごはんも

ソウルの冷麺人気店ランキングの調べ方と平壌冷麺の専門店「乙支麺屋」に行ってきた話。韓国では平壌(ピョンヤン)冷麺と咸興(ハムン)冷麺、2種類の冷麺があります。実家で食べる朝ごはんなど、写真と合わせてブログのようにお届けします。

じゃがいもの千切り炒め!人気レシピとコツ。韓国定番のおかず♪감자볶음

じゃがいも炒め(カムジャポックム)のレシピ。韓国で定番の作り置きおかずです。シンプルな味付けだからこそ、失敗しやすいと思いますが、韓国の人気レシピからコツをお届けします。おすすめする作り方から紹介します。韓国語の料理名は、감자볶음・감자채볶음です。

人気記事

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

本場のカクテキの作り方を分かりやすく。韓国の人気レシピ+動画

カクテキ、本場の人気レシピを紹介します。魚醤さえあれば作るのは簡単!カクテキの韓国語(깍두기)の意味についても。韓国の本格な動画レシピと合わせて丁寧に説明します。カクテキの素に頼らずに美味しく作れます。

小ねぎ・万能ねぎが主役のネギキムチ!韓国人主婦の人気レシピから

ねぎキムチの簡単レシピ。韓国では人気のキムチの一つです。和えてすぐ食べても美味しいですが、発酵させるとねぎの風味と甘みが増します。サムギョプサルにもよく合いますし、淡白な料理の副菜としてオススメです。長ねぎではなく、小ねぎ、万能ねぎで作ります!

大根の甘酢漬けレシピ。韓国のチキンに必ずついてくるチキンムを簡単に!

大根の甘酢漬けの簡単なレシピ。韓国のチキンム(チキン大根 치킨무)の作り方です。ヤンニョムチキンや、フライドチキン、唐揚げなどの揚げ物がさらに美味しくなる甘酸っぱい漬物!

本場のヤンニョムチキンのレシピ。揚げない+美味しいタレの比率

韓国料理ヤンニョムチキンのレシピです。揚げなくてもフライパンで簡単に作れます。やみつきになる一品♪美味しいタレの作り方も。胸肉でヘルシーに!ヤンニョムチキンとはチキンにコチュジャン味の甘辛ソースを絡めた料理です。

ソウル旅。お昼はチャジャンミョン!夜はバイキングでユッケ!

ソウル旅ブログ。昼は友達が住んでいる街の中華屋さんでチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)を食べて、夜はホテルのバイキングでユッケをおつまみにワインを飲んで、韓国ドラマを見ながら一日の疲れをほぐしました。チャジャンミョンとジャージャー麺の味の違いは!?

サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!

お家で簡単に楽しめる「サムギョプサル」のレシピ。準備するタレのサムジャン、包む野菜、人気の副菜・キムチについて分かりやすくまとめました!サムギョプサルは韓国語で삼겹살ですが、三枚肉の意味です。