ホーム韓国料理レシピお肉・魚タラのジョンの韓国レシピ。秋夕に食べる白身魚のチヂミ♪簡単おつまみ

タラのジョンの韓国レシピ。秋夕に食べる白身魚のチヂミ♪簡単おつまみ

魚のチヂミといえば、鱈のジョン

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。簡単ヘルシー!

そろそろ韓国は秋夕(チュソク 추석)です。

秋夕はお盆のような日で、親族があつまって食事をしたりしますが、このジョンも用意されます。

ジョンは、チヂミの一種で、野菜やお肉、魚に衣をつけて焼いて作ります。その中で魚のジョンといえば、この鱈のジョンです。

味付けは軽く塩コショウにして、醤油だれにつけて食べると美味しいです。白身魚なので、淡白な味を楽しめます!

作るのはとても簡単ですが、韓国人主婦のレシピ動画からもアレンジできる内容をお届けします。韓国で使うタラの種類についても~。

 

材料と調味料

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ材料

  • 生タラ170g
  • 1個
  • 小麦粉(あればチヂミ粉)適量
  • 塩コショウ少々
  • サラダ油適量
  • 【サラダ油】えごま油や、大豆油、コーン油を混ぜて焼くとより香ばしい味になります。

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1タラに骨があれば抜きます。厚さが均等になるように一口大のそぎ切りにします。
  2. 2キッチンペーパーを下に敷き、タラを並びます。両面に塩コショウをふります※。小麦粉で衣をつけておきます。
  3. 3熱したフライパンにサラダ油を入れ、溶き卵につけたタラを弱中火で焼きます。両面が焼けたら、完成です♪
  • ※魚から出た水気はキッチンペーパーでしっかり拭きます。時間があれば塩コショウをふったあと、10分くらいおきます。

 

韓国人主婦のレシピ動画3選

参考になる韓国レシピを紹介します。

韓国語の料理名「동태전 トンテジョン」ですが、全ての動画のタイトルに書いてあります。

紹介したレシピと違うところをお伝えします!

1番目のレシピ

溶き卵3個に「しょうが汁大さじ1+塩少々」を入れています。小麦粉ではなく、チヂミ粉を使っています。

綺麗に見せるために「赤唐辛子+春菊」を乗せることが多いです。このような飾りを乗せた面は軽く焼いて、乗せてない面を長めに焼きます。

2番目のレシピ

こちらの方は、溶き卵に「焼酎+塩」を少し入れています。

3番目のレシピ

溶き卵4個の中で2個は黄身だけ入れています。

サラダ油は使わず「えごま油+大豆油」を1:1の割合で混ぜて使っています。その他、コーン油(とうもろこし油)を使う人もいます。

韓国で使うタラは違うもの?

動画を見ると、生タラではなくて、冷凍タラを使っていることが分かります。

料理名が「トンテジョン」と言いましたが、トンテ(凍太 동태)は凍らした明太(スケトウダラ)です。

私が購入した生タラは、真鱈だと思うので、厳密にいえば、同じタラではないです。

ちなみに、真鱈(まだら)は韓国語で、テグ(대구)と言います。テグは、テグタンというスープ料理でも人気です。

全く同じ鱈ではなかったのですが、真鱈でジョンを作ってみたら、韓国で食べた味に近く美味しかったです!

カライチ「チヂミ」レシピ一覧

 

写真付きの詳しい作り方

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。魚の違い

Step1タラは、厚さが均等になるように一口大のそぎ切りにします。

切る前に手で触ってみて、骨があれば抜きます。

私は適当に手で抜いたのですが、ピンセットがあればそれで!

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の作り方

Step2キッチンペーパーを下に敷き、タラを並びます。

衣をつける前に、キッチンペーパーでしっかり水気をとります。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の作り方

両面に塩コショウをふります。

塩コショウをふったあとも、魚から出た水気はキッチンペーパーでしっかり拭きます。時間があれば塩コショウをふったあと、10分くらいおくのが良いですね。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)のレシピ。衣の作り方

小麦粉で衣をつけておきます。

タラの両面に薄くまんべんなくつけます。

チヂミ粉のほうは味付けされているので、もっと美味しくなると思いますが、なかったので小麦粉をつけました~。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。焼き方

Step3熱したフライパンにサラダ油を入れます。

サラダ油に、えごま油や大豆油、コーン油を混ぜて焼くとさらに香ばしい味になります。

私は今回サラダ油にえごま油を少し混ぜました。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。焼き方

溶き卵につけたタラを弱中火で焼きます。

溶き卵につけて、どんどんフライパンに並べます。

焦げないように、弱火か弱中火くらいが良いです。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。焼き方

飾りで赤唐辛子や春菊を乗せる方は、今でしょう!卵が固まらないうちに^^

詳しくは動画からチェックしてください~。輪切りの赤唐辛子は取れないように、赤唐辛子の上に溶き卵を追加したりもします。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。簡単ヘルシー!

片面がある程度焼けた感じがしたら、裏返します。

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。簡単ヘルシー!

美味しそうな匂いと音~!

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。簡単ヘルシー!

両面が焼けたら、完成です♪

 

タラのジョン(白身魚のチヂミ)の韓国レシピ。完成

飾りがないので、ちょっと寂しい感じですが、

お客様用ではなく、自分用なので^^

 

タラのジョンの韓国レシピ。秋夕に食べる白身魚のチヂミ♪おつまみにも

マッコリがなかったので、金麦と一緒に実食。

ちなみに、、この琥珀の秋バージョンの金麦、美味しかったのに、すぐスーパーから消えたのは残念でした。

 

タラのジョンの韓国レシピ。秋夕に食べる白身魚のチヂミ♪簡単ヘルシー

お醤油+お酢の簡単タレにつけて、おつまみとして美味しくいただきました~。懐かしい味。

この前紹介したニラのヤンニョムジャンがあれば、パンチもあってもっと美味しいでしょうね。

油で焼いたものですが、魚だから重くなくておつまみにも良いです。

 

韓国で食べたジョン。正月料理

このトンテジョンは、ソウルの韓定食屋さんで食べたもので、韓国の正月料理について紹介したこちらの記事に載せた写真です。

真ん中のえごまの葉で包んだジョンと、一番奥のひき肉入りのジョンも美味しいです!

 

カライチ「チヂミ」レシピ一覧

カライチをフォロー

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事

人気記事