ホームエンタメK-POPスピッツの曲からアラッソ? 韓国のスピッツ『짙은 zitten』♪Playlist

スピッツの曲からアラッソ? 韓国のスピッツ『짙은 zitten』♪Playlist

スピッツの曲から流れた韓国語

前からスピッツは好きでしたが、最近『優しいあの子』という曲にハマってさらに好きになりました。

そういえば、むかし車の中でラジオを聞いていたらスピッツの曲が流れてきて、

初めて聞く曲だったので集中して聞いていたんですが、「アラッソ」という聞き慣れた言葉を聞き取りました。

あれ? と思って検索してみたら、やっぱり韓国語だったみたいです。

ちなみに韓国語で「アラッソ 알았어」は「分かった」という意味です。

曲のタイトルは『Na・de・Na・deボーイ』ですが、後半のプレイリストに入れました。

 

 

草野マサムネと韓国

スピッツの曲の作詞作曲は、基本ボーカルの草野さんが担当していますが、どうやら草野さんは韓国語が分かるみたいです。

どれくらいしゃべれるかは分かりませんが、韓国でのコンサートした時に、韓国語でも少し話したり、アンコールで韓国の曲を韓国語で歌ったりしたそうです。

韓国人の彼女がいたとの書き込みも見ましたが、本当なのかは分かりません^^;韓国から近い福岡出身だから近所に仲が良い韓国人がいたのかな?

下記のLIVE動画で韓国のライブの時の話をしていましたが、韓国語が福岡の方言と似ているという話をしながら、少し韓国語で話すシーンがありました。

スピッツ MC 「ライブ in 韓国」
(SPITZ JAMBOREE TOUR 2007-2008 ”さざなみOTR” at 郡山市民文化センター 大ホール 2008.12.2)※動画の最初に広告が出ます。

草野さんのちょっと余白のある話し方が好きです。

 

韓国のスピッツ『짙은(zitten)』

草野さんの歌う声は、一瞬で周りをセピア色がかった景色に切り替える能力がありますね。(私はそんな印象を受けます)

鮮明な色ではなくて、昔のフィルム映画みたいな声。説明が下手ですが、古いという意味ではないです。笑

そのような草野さんの声に似ている韓国の歌手がいるので、紹介したいです!

짙은(zitten)』という名前のシンガーソングライターですが、はじめて曲を聞いたときにスピッツ?と思いました。

もちろん歌い方など違うところもありますが、声と曲の雰囲気になにか共通するものを感じます。

『짙은(zitten)』の曲から好きな曲を何曲かプレイリストに入れましたので、ぜひ聴き比べてみてください。

深い霧

私は特に『안개 (霧)』という曲が好きです。

アーティスト名の「짙은」は、韓国語で「濃い」という意味で、発音がzitten(ジトゥン)。例えば、ジトゥン色と言うと、濃い色という意味です。

また、ジトゥン霧という表現にも使えるので、タイトル名の『안개 (霧)』と歌手名と繋げて「深い霧」になります。


※PCではページが見える形にしてブラウザを閉じてなければ、連続で再生されます。

  1. 1 [MV] 짙은(Zitten) – 안개 (霧)
  2. 2 [MV] 짙은(Zitten) – TV Show ※ドラマ『プロデューサー』の挿入歌
  3. 3 [MV] スピッツ / 魔法のコトバ
  4. 4 짙은 – Feel alright
  5. 5 Zitten – Sunshine(선샤인)
  6. 6 [Official Audio] 짙은(zitten) – 곁에(By my side)
  7. 7 짙은 zitten – feel alright ※コンサートNANJANG
  8. 8 【弾いてみた】スピッツ Na・de・Na・deボーイ ギター

「짙은(Zitten)」Youtubeプレイリスト

「アラッソ」という韓国語が歌詞に入っているスピッツの『Na・de・Na・de ボーイ』は、残念ながら公式MVがなかったです(最後の曲・他の動画より音が少し大きいです)。

2番目の『TV Show』という曲を聞いてzittenが好きになったのですが、この曲が一番草野さんの声に近いかもしれません。

最近、『Feel alright』という曲もすごく好きになりました。癒やされます。コンサートで歌っている動画(7番目)と一般の方がアップしてくれた良い音源(4番目)を2個もアップしました。

7番目の『Sunshine』という曲は、韓国LCCのJIN AIR航空の着陸する頃に流れます。私も一度乗った時に聞いたことがありますが、なんでzittenの曲がなんで流れるんだろう?と思いながら当時聴いていました^^

 

 

もう一つの共通点

『짙은(zitten)』とスピッツは声も似ていますが、もうひとつ似ているところがあります。

曲のタイトルが短いということ!

『楓』『春の歌』『ロビンソン』など、スピッツの曲名で長いタイトルがほぼないですが、짙은(zitten)も同じなんです。

 

バンドと弾き語り

先週、NHKの番組でスピッツが出たので見ました。

草野さんが「音楽をやりたかったのではなくて、バンドがやりたかった」と言いましたが、少し驚きました。

その言葉は、音楽という芸術よりは、バンドという人との交流に価値を置いているように私には聞こえました。

誰よりも音楽にこだわりがあって、何より音楽を大事にしているように見えるから、意外だなーと。

そして今回、짙은(zitten)とスピッツの音楽を両方聴き比べてみて気づいたんですけど、

声が似ているけど、やはりバンドと弾き語りのよる音楽の違いが大きいなということ。

 

짙은(zitten)は、まだインディーズとして活動していますが、もっと人気が出て長く活動してほしいなという想いを込めて…

짙은(zitten)公式Facebook

カライチをフォロー

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事

人気記事