ホーム グルメ&旅 ソウルで父とよく行く老舗冷麺屋さん ♪中部市場の冷麺通り(東大門駅)

ソウルで父とよく行く老舗冷麺屋さん ♪中部市場の冷麺通り(東大門駅)

中部市場で買い物した後には冷麺

去年9月にソウルの実家に帰った時、父と中部市場(チュンブ シジャン・중부 시장)に買い物に出かけました。

中部市場はソウル都心にある大きな市場。お店の人もここで買い付けをします~。

 

日本に帰る(戻る?)前に、お土産を買いによくここに来ます!

一番の目当ては、チャンジャなどの韓国の塩辛

市場に詳しい父のお気に入りのお店があるので、いつもそこで買っています。

もちろん美味しいですし、韓国の大型スーパーやデパートで買うより全然安いです。

 

いっぱい荷物を父に持たせて(父が頑固に持とうとする)、いろいろと買い物をします。お気に入りブランドの韓国海苔も一箱の大人買い。

買い物のあとは、食べないとですね!

 

 

中部市場のすぐ隣にある冷麺通りへ

向こうに看板が見える『오장동 흥남집』というところがいつも行く冷麺専門店です。

ハングルは「オジャンドン フンナンチッ」と読みますが、最後の文字以外は漢字です!

五壮洞 興南チッ

五壮洞(オジャンドン)はこの地域の名前ですが、韓国で「オジャンドン冷麺通り」と言うほど、この通りは冷麺が有名です。

興南(フンナン)は北朝鮮の地域です、創業した方がその地域から来た方みたいです。お店の名前に地域名が二つも!

 

  • 2回行った時の写真があってレポートが長めですが、お店の場所を先に見たい方は、こちらをクリック
  • 観光地の東大門からも近いです。

 

人気の老舗冷麺屋のメニューと食べ方

このお店は、咸興(ハムフン・함흥)冷麺と言う細い麺が特徴の冷麺を出すお店です。

平壌(ビョンヤン・평양)冷麺や日本の盛岡冷麺のような太い麺ではないです。

韓国ではこのような細い麺のハムフン冷麺が人気なので、ピョンヤン冷麺屋さんより多いです。

 

頼んだものは、エイの刺身が入ったビビン冷麺(회냉면)と、水冷麺(물냉면)

そして麺のサリ(追加の麺・면사리)も。

あとで注文してもいいのに…父はいつも先に注文します。

 

このエイの刺身が乗っているビビン冷麺(회냉면)が、このお店の人気メニュー

エイの刺身は、少しだけ癖があります。

エイの刺身が乗っていない普通のビビン冷麺もありますよ!

 

ビビン冷麺(비빔냉면)というのは、スープがなく、甘辛いソースを混ぜて食べる冷麺のことです。汁なし坦々麺ではなく、汁なし冷麺みたいな^^

 

父は、刺身冷麺で、私は水冷麺(물냉면)を食べました。

 

冷たくて深みのあるスープ!

 

日本にある韓国料理屋さんは色んなメニューの中で冷麺を出しているので、冷麺専門のお店にはやっぱり勝てないような気がします。

韓国の教科書に載るほど有名で、日本に長年住んで日本で亡くなられた小説家『ソン・チャンソプ 손창섭』氏の本にも、冷麺だけは韓国で食べないといけないと書いてありました^^

 

乗っているお肉のことを、スユク(수육)と言います。

このスユクだけのメニューもありますが、たまにおじいちゃんたちが頼んでいるのを見かけます。

お肉もあっさりしてて美味しいです。

 

父の刺身冷麺も、一口二口いただきました^^

 

お店の中は綺麗で、広いです。

紙に「추석연휴」と書いてありますが、秋夕(チュソク)という韓国のお盆連休中には3日間休むというお知らせ。

大きい節分連休なので、このお店のように休むという店も多いです。

 

このお店は1953年からの老舗。

ここが本店で何箇所が直営店がありますが(最後に詳細記載)、看板のこのおばあちゃんの顔マークがお店の印だそうです。

 

中部市場を抜けて家に帰りました。

冷麺というものは、北朝鮮発祥のものですが、朝鮮戦争のあと、北朝鮮から降りてきた人がこの中部市場で働き、周辺にたくさん住んでいたそうです。

それで自然と1950年代から地元の料理の冷麺屋さんがいくつか出来たという、、、歴史があります。

 

 

探してみたら、2016年12月、冬に行った時の写真もありました。

このお店は、歴史がある分、年配の方にも愛されています。

 

韓国の冷麺専門店に行くと、必ず出てくるものがこれ。

お茶ではなくて、温かいスープです。

水冷麺の冷たいスープとほぼ同じものかと思いますが、美味しいんです。

辛くて汁がないビビン冷麺を食べる時は、特に嬉しい。

 

この時も父と~。

 

この時に頼んだものは、刺身冷麺二つと、

サリ(麺追加)^^

 

お店の人が、ハサミで麺を切ってくれます。

切ってもらわないと、コシがありすぎて食べにくいのです。

でも切ってほしくない人もいるみたいで、切る前に切ってもいいか聞かれるんです…

 

ビビン冷麺の食べ方

このお店には、砂糖とごま油がおいてあるので、自分好みで砂糖とごま油を追加します。

私はあまり入れないほうがよかったです。

 

韓国では、エイをめちゃくちゃ発酵させたものを食べる文化がありますが、

この冷麺の上に乗っているエイは、それほど発酵させたものではない感じで、食べやすいです。

 

以前、韓国のエイを食べてこれは癖が強すぎてだめ~!と思った人でも、食べられる人多いと思います。

 

少し軟骨?があるので、歯ごたえも楽しめます♪

 

2016年冬も同じ看板でした。

 

その向かい側には、中部市場(중부시장)の入り口の看板が見えます。

2016年の看板がこうだったのに、

 

2018年の看板が変わっていました。直訳すると、

中部乾魚物市場(중부 건어물 시장)

乾魚物、すなわち干物などをたくさん売っています。

 

2016年には、買い物をしたものをお店に預けてから、冷麺を食べに行ったので、取りに行った覚えがあります^^

この時は、翌日知り合いの日本の方が3人ソウルに来たので下手なガイドをしました。

 

お店の場所と行き方

  • 住所:서울 중구 마른내로 114
  • 電話:02-2266-0735
  • 営業時間:毎日 11:00 – 20:30(ラストオーダー 20:10)
  • kakaomap:こちらをクリック ※5号線東大門歴史文化公園駅(동대문역사문화공원역 5호선)からお店まで徒歩8分
  • 冷麺はすべて11000ウォン、麺のサリは5000ウォン。

※上記情報は記事を書いている現時点に、Naverのお店の情報ページに記載のものです

 

直営店情報

私が行ったところは、本店です。

直営店が色んなところにありますが、その情報はお店のホームページに詳しく書いてあります。

오장동 흥남집 ホームページ:直営店情報

 

韓国のテレビ番組の動画とブログ

『수요미식회(水曜美食会)』という人気番組でこちらのお店が紹介されていました~。

人気のお店なので、韓国ブログにもたくさん載っていますね! 写真が多いブログをひとつ紹介します。冷麺を食べながら、焼酎を飲んでいますね~^^

수요미식회에 나온 65년 된 함흥냉면집 오장동 흥남집(미스터봉 Naver Blog)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

カライチ日報:今日の写真とひとこと(9月1日~)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(9日1日~)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどをほぼ毎日更新します!

【チェジュ島旅①】直行便のティーウェイで!ソウルから行く方法もあった

チェジュ島観光1日目。東京から直行便のティーウェイ航空に初めて乗ってみました。ソウルのインチョン・キンポから行く方法もあるのでその情報も。国際線出発1時間前に空港に着いたり、手荷物0キロのフライトだったりのアクシデントを経て無事にチェジュ島にたどり着きました。

ゆでイカとキュウリの酢コチュジャン和え:韓国レシピ ♪おつまみでも人気

韓国定番のゆでイカの和え物レシピです。甘酸っぱくて辛くてやみつきになります!おかずとしてもおつまみとしても人気。イカの代わりにタコでもOK。コチュジャンさえあれば簡単に作れるのでぜひ!

鯖と大根のコチュジャン煮。韓国人のレシピ動画♪煮付けに使う基本調味料

鯖の煮付けレシピ。大根も入れて韓国のコチュジャン味噌煮を作りました。魚の煮付けを作る時、韓国では粉唐辛子とコチュジャンを入れるのが基本です。韓国人の作り方およびレシピ動画も合わせて紹介します。

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月21日~30日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月21日~30日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどをほぼ毎日更新します!

サムジャンの簡単レシピ。父+韓国人の作り方3選 ♪サムギョプサルの味噌

サムギョプサルの味噌で人気のサムジャンのレシピ!味噌とコチュジャンをベースに、ニンニクなどの薬味を加えて作る韓国の甘辛味噌です。父と他の韓国人の作り方を紹介。作るのは簡単です。サムジャンの使い方と韓国語についても!

カライチ日報:今日の写真とひとこと(8月11日~20日)

韓国料理レシピサイト、カライチの日報(8月11日~20日)です。写真一枚とひとこと。韓国料理の写真やお知らせなどを毎日更新します!

本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国の料理研究家のレシピ+動画

おうちで本格的なオイキムチを!韓国のレシピですが、魚醤さえあれば意外と簡単です。信頼できる料理研究家のレシピと主婦の動画レシピ2編から作り方をお届けします。今回作ったキュウリキムチを韓国語で「オイソバギ」と言います。

伯母の鰻屋さんで。韓国はうなぎも包んで食べる?ソウルで人気のお店など

韓国で食べたうなぎ!食べ方やソウルと京畿道のおすすめの鰻屋さんを紹介します。夏は参鶏湯も食べますが、うなぎも!人気のテレビ番組の動画も合わせてお届けします。