ホーム 韓国料理レシピ キムチ 生牡蠣が入って美味しい大根キムチの作り方。韓国のレシピ動画も♪

生牡蠣が入って美味しい大根キムチの作り方。韓国のレシピ動画も♪

牡蠣と相性が抜群の大根キムチ

生牡蠣と大根のキムチの写真

牡蠣が美味しくなる季節になると、韓国人は大根のキムチに生の牡蠣を入れたりします。

大根は消化にも良いですし、味も牡蠣とよく合うからなのか、大根のキムチによく入れます。カクテキに入れることもありますが、千切りにして入れることが多いです。

このキムチが大好きですが、作るのは初めてでした。下記に載せた韓国人主婦のレシピ動画を参考に作りましたが、結構美味しかったので共有します。

千切り大根のキムチに牡蠣を入れる流れなので、もし生牡蠣が駄目な方は入れずに普通の大根キムチとして楽しんでください〜。

 

材料と調味料

生牡蠣と大根のキムチの材料写真

  • 大根1/2本
  • 生牡蠣150g~300g
  • 玉ねぎ1/4個
  • ネギ1/2本
  • ニラ、せり(あれば)少し
  • 粉唐辛子大さじ3〜4
  • イワシの魚醤大さじ3
  • アミの塩辛大さじ1
  • 大さじ2/3
  • 砂糖大さじ2〜3
  • にんにく(すりおろし)大さじ1
  • 生姜汁大さじ1
  • 白ごま(好み・仕上げ)適量
  • 【生牡蠣】大根の量(1/2本)とのバランスを考えると300gくらいがおすすめです。
  • 【砂糖】代わりにハチミツ・梅シロップでもOK。リンゴ・梨・玉ねぎのすりおろしで甘さを加えても美味しいです。
  • 【イワシの魚醤・アミの塩辛】韓国の魚醤です(詳しくはこちらの記事)。なければ塩+醤油で調整してください!

魚醤が入らない簡単な大根キムチのレシピはこちら
切って和えるだけ! 千切り大根のさっぱりキムチ。即席もOK

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1玉ねぎとネギは千切りにし、にんにくと生姜のすりおろし(しょうが汁)を用意します。
  2. 2大根を千切りにし、大きいボールに入れます。★
  3. 3牡蠣は薄い塩水で洗い、水を切ります。
  4. 4大根に粉唐辛子(大3〜4)を入れ和えてから、調味料をすべて入れ和えます(※塩は少なめに入れて味見後調整。塩の代わりにイワシの魚醤で調整してもOK)
  5. 5千切りの玉ねぎとネギを入れ和えます。味見をして塩(イワシの魚醤)と砂糖で調整します。
  6. 6牡蠣(+好みで白ごま)を入れて軽く和えたら完成♪

甘みの少ない大根の場合は

季節によって大根の甘さが変わりますが、秋から冬にかけては甘くて夏はかなり辛いことが多いです。

辛い大根の場合は、2の後(★)塩大さじ1〜2を入れ混ぜて30分ほど置いてください。砂糖も少し追加してもOK。つけることで、辛味が和らぎます。それから水を切って次のステップに。塩につけた分、後で入れるイワシの魚醤と塩の分量は調整してください。

参考になる韓国レシピ動画

今回のレシピは、料理上手な韓国人主婦が丁寧に教えてくれる下記のレシピ動画を参考にして作りました。

韓国語なので、上記のレシピと合わせてチェックしてみてください!

ニラを入れているから彩りが良いですね!

★私が紹介したレシピの調味料と違うところは

  • 砂糖の代わりに「梅シロップ」を使用
  • しょうが汁の代わりに「生姜シロップ(ハチミツにしょうがをつけたもの)」を使用
  • 塩を入れずに「イワシの魚醤」を多めに入れています

 

写真付きの詳しい作り方

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step1玉ねぎとネギは千切りにし、にんにくと生姜のすりおろし(しょうが汁)を用意します。

動画レシピの方は、しょうが汁の代わりに生姜シロップを入れています。

生の生姜は味が強いので、すりおろししたものを絞って汁だけ入れるのがおすすめです。すりおろし(みじん切り)にして入れる韓国人も多いですが。

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step2大根を千切りにし、大きいボールに入れます。

レシピ動画の方は、ニラを入れています。

韓国人は、この大根キムチにセリをよく入れますが、ニラとセリは、彩りも香りも良いですね。

何もなかったので、ワイルドに大根の葉を入れちゃいました^^

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step3牡蠣は薄い塩水で洗い、水を切ります。

牡蠣の洗い方は、塩水・片栗粉・大根おろしで洗う3つの方法がありますが、手軽に塩水で洗いました。牡蠣の洗い方(ダイエー)

 

生牡蠣と大根のキムチの具材写真

これで、キムチに入る具材がそろいました。あとは和えるだけ!

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step4大根に粉唐辛子を入れ和えてから、調味料をすべて入れ和えます

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真

調味料を入れる前に、まず粉唐辛子だけ入れてまんべんなく和えます。

大さじ3で和えてから、大さじ1を追加しました。好きな色と辛さに調整します。

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真

調味料(ヤンニョム)

イワシの魚醤 大さじ3
アミの塩辛 大さじ1
塩 大さじ2/3
砂糖 大さじ2〜3
にんにく(すりおろし) 大さじ1
生姜汁 大さじ1

★塩は少なめに入れて味見後調整。塩の代わりにイワシの魚醤を追加しても良いです。
動画の方は塩は入れずに、イワシの魚醤を多めに入れて作っていますが、魚醤の味が強すぎるのは好きではなく塩を追加する形にしました。

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真

イワシの魚醤、アミの塩辛は、韓国でキムチをつける時に味付けと発酵のためによく入れる魚醤です。もしなければ、塩と醤油を入れて調整してくださいね!

韓国の魚醤などの調味料について詳しくはこちらの記事

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step5千切りの玉ねぎとネギを入れ和えます。味見をして塩(イワシの魚醤)と砂糖で調整します。

塩加減は、あとで入る牡蠣にも塩分が少しあるのでそれを踏まえて調整ですね〜。

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真

先程砂糖大さじ2を入れましたが、もう少し甘みがほしかったのでハチミツ大さじ1を追加しました。レシピ動画の方は、梅シロップと生姜シロップで甘みを調整しています。多めに入れています。

韓国人はキムチをつける時に、玉ねぎ・梨・りんごのすりおろしを入れて甘みを出すことも多いので、あればそのやり方もおすすめです!

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真
Step6牡蠣(+好みで白ごま)を入れて軽く和えたら完成♪

 

生牡蠣と大根のキムチのレシピ写真

牡蠣を入れたら、優しく混ぜるだけ〜。

好みによって白ごまを入れます。

(作っている間に日が暮れて写真が暗いです、汗)

 

生牡蠣と大根のキムチの完成写真

キムチ味がする牡蠣を味見してみたら、美味しかったです!

風邪でしたが、生姜が入っているからなのか味見しながらなんとなく元気になる感じ。

 

生牡蠣と大根のキムチの完成写真

牡蠣は大粒でしたが、小〜中粒をたくさん入れたかったです。

牡蠣を食べた後の牡蠣が減った喪失感が少ないので。笑

 

生牡蠣と大根のキムチの完成写真

このくらいの分量が完成。右のお皿のものは作った日に食べて、残りは毎晩少しずつ出してお肉料理の副菜として~。

 

生牡蠣と大根のキムチの作り置き写真

保存方法と消費期間

牡蠣が入っているので、作ってからすぐ冷蔵庫に。冷蔵庫に入れても発酵は進みます。

他のキムチに比べると長くはもたないですが、キムチの塩分の力で牡蠣自体の賞味期限よりはもちました。

即席で作って食べるキムチとして人気ですが、個人的には少し発酵されてヤンニョム(味付け)も馴染んだ3日目くらいが一番美味しかったです。4日間にかけて食べ切りました~。

 

他のレシピと韓国語の料理名

生牡蠣と大根のキムチの写真

韓国のブログからもう一つ作り方を紹介します。

굴무생채, 달달한 무와 싱싱힌 생굴로 만든 입맛당기는 별미반찬(Naver Post)

紹介したレシピと大きい違いはないですが、こちらのレシピは先にイワシの魚醤を入れて少しだけつけてから粉唐辛子⇒他の調味料を入れる流れです。他の調味料にはリンゴ酢大さじ1も追加しています。

上記Blogタイトルの最初のハングルを見ると、今回の料理名が書いてあります!

굴무생채 クルムセンチェ

  • 굴 クル:牡蠣
  • 무 ム:大根
  • 생채 センチェ(生菜):生野菜の和え物

すぐ食べられるということで、キムチという料理名ではなく「センチェ」という名前になっています。

「センチェ」については下記のレシピでも紹介しました~。

切って和えるだけ! 千切り大根のさっぱりキムチ。即席もOK

 

生牡蠣と大根のキムチの作り置き写真

大根から水が出ていますが、動画レシピの方の話によると、冬の大根はあまり水が出ないらしいです。

水が出ても味が薄かったりはしませんでした。牡蠣を入れたせいか、どんどん汁もとろみが出てきました~

 

生牡蠣と大根のキムチの写真

11月。そろそろ韓国はキムチを漬けるシーズンに突入!

1年分食べる白菜キムチを作り置きしますが、

ついでに残ったヤンニョムで千切り大根のキムチも作り、旬の牡蠣を入れることが多いです。

 

牡蠣の好きな方は、牡蠣の香りがするこのキムチ、作ってみてくださいね~

 

大根を使ったおかずとしてオススメは、こちらのナムルのレシピ

カライチをフォロー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

カライチ日報:今日の写真とひとこと(2021年12月)

生活の中で感じたことや、レシピと記事では書けなかったことを写真と共に書きとめています(2021年12月のカライチ日報)

素なしでも簡単やみつき!きゅうりキムチの作り方。長芋入りのアレンジも

しゃきしゃき即席きゅうりキムチの作り方。キムチの素がなくても簡単にやみつきになる味わいに♪ 長芋入りのレシピと塩漬けして作る韓国レシピも紹介します。アレンジの際に活用してください〜。

ソウル旅。お昼はチャジャンミョン!夜はバイキングでユッケ!

ソウル旅ブログ。昼は友達が住んでいる街の中華屋さんでチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)を食べて、夜はホテルのバイキングでユッケをおつまみにワインを飲んで、韓国ドラマを見ながら一日の疲れをほぐしました。チャジャンミョンとジャージャー麺の味の違いは!?

カライチ日報:今日の写真とひとこと(2021年11月)

生活の中で感じたことや、レシピと記事では書けなかったことを写真と共に書きとめています(2021年11月のカライチ日報)

バイク便で届いた韓国お祝い料理チャプチェ、チヂミ、餅★生マッコリで乾杯

昔からの韓国お祝い料理はチャプチェ、チヂミ、餅などがあります。ソウルの実家にお祝い料理の贈り物がバイク便で届きました!伝統的な料理だから、マッコリのおつまみにも最高です〜。

平壌冷麺のソウル人気店「乙支麺屋」でさっぱりランチ。実家の朝ごはんも

ソウルの冷麺人気店ランキングの調べ方と平壌冷麺の専門店「乙支麺屋」に行ってきた話。韓国では平壌(ピョンヤン)冷麺と咸興(ハムン)冷麺、2種類の冷麺があります。実家で食べる朝ごはんなど、写真と合わせてブログのようにお届けします。

じゃがいもの千切り炒め!人気レシピとコツ。韓国定番のおかず♪감자볶음

じゃがいも炒め(カムジャポックム)のレシピ。韓国で定番の作り置きおかずです。シンプルな味付けだからこそ、失敗しやすいと思いますが、韓国の人気レシピからコツをお届けします。おすすめする作り方から紹介します。韓国語の料理名は、감자볶음・감자채볶음です。

人気記事

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

本場のカクテキの作り方を分かりやすく。韓国の人気レシピ+動画

カクテキ、本場の人気レシピを紹介します。魚醤さえあれば作るのは簡単!カクテキの韓国語(깍두기)の意味についても。韓国の本格な動画レシピと合わせて丁寧に説明します。カクテキの素に頼らずに美味しく作れます。

大根の甘酢漬けレシピ。韓国のチキンに必ずついてくるチキンムを簡単に!

大根の甘酢漬けの簡単なレシピ。韓国のチキンム(チキン大根 치킨무)の作り方です。ヤンニョムチキンや、フライドチキン、唐揚げなどの揚げ物がさらに美味しくなる甘酸っぱい漬物!

小ねぎ・万能ねぎが主役のネギキムチ!韓国人主婦の人気レシピから

ねぎキムチの簡単レシピ。韓国では人気のキムチの一つです。和えてすぐ食べても美味しいですが、発酵させるとねぎの風味と甘みが増します。サムギョプサルにもよく合いますし、淡白な料理の副菜としてオススメです。長ねぎではなく、小ねぎ、万能ねぎで作ります!

本場のヤンニョムチキンのレシピ。揚げない+美味しいタレの比率

韓国料理ヤンニョムチキンのレシピです。揚げなくてもフライパンで簡単に作れます。やみつきになる一品♪美味しいタレの作り方も。胸肉でヘルシーに!ヤンニョムチキンとはチキンにコチュジャン味の甘辛ソースを絡めた料理です。

サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!

お家で簡単に楽しめる「サムギョプサル」のレシピ。準備するタレのサムジャン、包む野菜、人気の副菜・キムチについて分かりやすくまとめました!サムギョプサルは韓国語で삼겹살ですが、三枚肉の意味です。

ソウル旅。お昼はチャジャンミョン!夜はバイキングでユッケ!

ソウル旅ブログ。昼は友達が住んでいる街の中華屋さんでチャジャンミョン(韓国ジャージャー麺)を食べて、夜はホテルのバイキングでユッケをおつまみにワインを飲んで、韓国ドラマを見ながら一日の疲れをほぐしました。チャジャンミョンとジャージャー麺の味の違いは!?