ホーム 韓国料理レシピ チゲ・スープ・鍋 カムジャタンの作り方。韓国人主婦の人気レシピ動画と合わせてお届け!

カムジャタンの作り方。韓国人主婦の人気レシピ動画と合わせてお届け!

本格カムジャタンを作ろう。

韓国料理カムジャタン

韓国鍋料理カムジャタンは、家で作れないものだと思っていました。韓国でも外食で食べるイメージが強いです。

カムジャタンのレシピを知りたいとコメントを頂いたので、調べてみたら、良さげなレシピを発見!

ところが、カムジャタンのメイン材料が日本のスーパーで売ってないのが壁でした…。

カムジャタンで使う材料について

カムジャタンの韓国語は「감자탕」。韓国の辞書を見てみると、

豚の背骨やじゃがいも、ウゴジ(白菜の外葉)、えごま粉、ごまの葉、にんにくなどを入れて煮た辛口の鍋料理。濃厚で深い味わいのスープが特徴。

Naver辞書「감자탕」より

主役の豚の背骨は、日本のスーパーで売ってないので、スペアリブで作ることにしました。

そして「えごま粉」と「えごまの葉」も、カムジャタンの味を決める重要な材料になるので、どっちかはあったほうがお店に近い味になると思います。

嬉しいことに、近所のスーパーのYAOKOでえごまの葉が売っていました。えごまの粉(えごまパウダー)はなかったので、代わりにすりごまを入れましたが、えごまの葉の香りが強いので、すりごまでも美味しかったです。

韓国人主婦のレシピ動画を参考に作ってみたところ、お店っぽく美味しくできて感動!

その作り方をまとめたので、レシピ動画と合わせてぜひ参考にしてください。

 

材料と調味料(3人前)

カムジャタンのレシピ材料

  • 豚肉のスペアリブ700g
  • 白菜1/4個
  • 長ネギ2本
  • じゃがいも4個
  • えごまの葉7枚
  • ローリエ・青唐辛子(省略可)2個
  • 粉唐辛子大さじ1
  • にんにく(みじん切り)大さじ1
  • 味噌(テンジャン)大さじ1
  • えごま粉(すりごまでもOK)大さじ1
  • 玉ねぎ(みじん切り)1個
  • にんにく(みじん切り)大さじ3
  • 生姜(みじん切り)大さじ1
  • 味噌(テンジャン)大さじ2
  • 粉唐辛子大さじ2
  • コショウ少々
  • 料理酒大さじ3
  • 塩(※味見して調整)大さじ1/3
  • えごま粉(すりごまでもOK)仕上げに少々
  • えごま粉】えごまの葉を入れる場合は、すりごまに代えても美味しかったです。韓国では基本的にえごま粉を入れます。えごまパウダーの商品一覧(Amazon楽天
  • 味噌】韓国味噌テンジャンを入れると本格的な味になります。日本の味噌を入れる場合は、テンジャンのように味が濃いものがおすすめです。テンジャンの商品一覧(Amazon楽天
  • 粉唐辛子】など韓国の調味料についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1お肉の下茹でをします。鍋にスペアリブを入れ、たっぷりの水とローリエを加え、火をつけます。沸騰したら、お肉をざるに上げ、軽く流水で洗って水気を切ります。
  2. 2鍋に1の肉+調味料と薬味+ひたひたの水を加え、中火で30分以上煮込みます。長く煮込むほどお肉が柔らかくなります。
  3. 3鍋に入れる白菜の和え物を作ります。洗った白菜を電子レンジ(600W)で8分ほどチンして(お湯で茹でてもOK)水気を絞り、食べやすい大きさに手で裂きます。調味料を入れて和えます。
  4. 4その他に鍋に入れる野菜(ネギ、じゃがいも、えごまの葉)を食べやすい大きさに切ります。
  5. 5鍋に水1~2カップ、じゃがいもを加え、加熱します。じゃがいもにある程度火が通ったら、白菜の和え物を加えます。スープの味見をして塩で調整したら、仕上げにえごまの葉、えごま粉を乗せて完成です♪

参考にした韓国人主婦のレシピ動画

韓国のレシピ動画YouTuberとして人気の韓国人主婦のレシピです。

量は多めに作っているのですが、基本的な流れは同じです!

豚の背骨3Kgで作っているのですが、9千ウォン(800円くらい)だったそうです。安いですね~。

骨から血を抜くために、水に1時間つける過程が入りますが、スペアリブは骨が少ないので、そこは省略しました。

今回作りながら分かったのは、カムジャタンは味噌ベースの味付けということです。

そのため、味噌によって味がかなり変わる可能性があります。

今回は実家から持ってきた下記の韓国味噌(テンジャン)を使ったので、次回は日本の味噌でどんな味になるか試してみようと思います。

韓国の味噌テンジャンの商品一覧(Amazon楽天

カムジャタンのレシピ、テンジャン
韓国味噌テンジャンは、日本の味噌より濃い味で発酵された匂いが強いです。

 

写真付きの詳しい作り方

カムジャタンのレシピ材料、スペアリブ
Step1お肉の下茹でをします。

日本の一般的なスーパーでは、骨がついている豚の部位はスペアリブしか見当たらないですね…。

 

カムジャタンのレシピ材料、スペアリブ

鍋にスペアリブを入れ、たっぷりの水とローリエを加え、火をつけます。

臭みをとるためにローリエを入れますが、あればで良いかと思います。

 

カムジャタンのレシピ

沸騰したらお肉をざるに上げます。

アクがたくさん出てきます。

 

カムジャタンのレシピ

軽く流水で洗って、水気を切ります。

生の時にはあまり見えなかったのですが、下茹でしたら骨が見えてきました~。

 

カムジャタンのレシピ

Step2鍋に1の肉+調味料と薬味+ひたひたの水を加えます。

 

カムジャタンのレシピ

調味料と薬味は

玉ねぎ(みじん切り)1個
にんにく(みじん切り)大さじ3
生姜(みじん切り)大さじ1
味噌(テンジャン)大さじ2
粉唐辛子 大さじ2
コショウ 少々
料理酒 大さじ3

にんにくもたっぷり入れちゃいましょう♪

 

カムジャタンのレシピ

中火で30分以上煮込みます。

動画の方は、1時間20分も煮込みました。長く煮込むほどお肉が柔らかくなりますよね。

お肉が厚いので、最低30分は煮込ませたほうが良いと思います。

 

カムジャタンのレシピ

Step3鍋に入れる白菜の和え物を作ります。

白菜をよく洗ってから、

 

カムジャタンのレシピ

白菜を電子レンジ(600W)で8分ほどチンします。

お湯で軽く茹でるか、蒸す手もありますが、

レンチンが簡単で栄養の損失も少ないから良いですね。

 

カムジャタンのレシピ、白菜の和え物ウゴジ

水気を絞り、食べやすい大きさに手で裂きます。

細長く裂きます。包丁で切るより、手で裂いたほうが調味料(ヤンニョム)が染み込みやすいですね。

 

カムジャタンのレシピ、白菜の和え物ウゴジ

調味料を入れて和えます。

粉唐辛子 大さじ1
にんにく(みじん切り)大さじ1
味噌(テンジャン)大さじ1
えごま粉(すりごまでもOK)大さじ1

 

カムジャタンのレシピ、白菜の和え物ウゴジ

後で鍋に入れて、少し加熱させます。

この白菜の和え物は、濃厚なカムジャタンで爽やか担当。

これが鍋の中でけっこう美味しいんです。

 

カムジャタンのレシピ

Step4その他に鍋に入れる野菜(ネギ、じゃがいも、えごまの葉)を食べやすい大きさに切ります。

じゃがいもはまるごと入れても良いですが、ちょっと時間がかかっちゃうので半分にしました。

 

カムジャタンのレシピ、入る具材

これで、鍋に入れる野菜の準備は完了!

 

 

カムジャタンのレシピ

Step5鍋に水1~2カップ、じゃがいもを加え、加熱します。

私は2カップを入れましたが、スープ少なめが良い方は1カップくらいで良いかなと思います。

 

カムジャタンのレシピ

じゃがいもにある程度火が通ったら、白菜の和え物を加えます。

 

カムジャタンのレシピ

スープの味見をして塩で調整します。

白菜の和え物を入れてから、スープの味がまた変わるので、白菜を入れてから味見したほうが良いです。

塩は大さい1/3くらい入れました~。

 

カムジャタンのレシピ

仕上げにえごまの葉、えごま粉を乗せて完成です♪

えごまの粉がなかったので、すりごまで。

好みによって粉唐辛子も少しかけます。

 

韓国料理カムジャタン

すごく良い匂いがしました。

カムジャタンらしい匂い!

 

カムジャタンのレシピ

お肉も味見。

えごまパウダーも入れてなかったので、駄目かなと思いながら作りましたが、カムジャタンぽい味で美味しかったです!

えごまの葉の香りでごまかすことができました。

 

韓国料理カムジャタン

夕方に作って、何時間後に晩ごはんとして食べたんですが、

お肉にスープの味がさらに馴染んでいて美味しかったです。

 

韓国料理カムジャタン

夫も、美味しいと言いながら、食べてくれました。

味噌ベースのスープも濃厚で美味しい。赤いですが、良い感じの辛さ♪

お肉が背骨であれば、さらにお店で出されるものに近くなると思いますが、そこはしようがないですね!

 

韓国料理カムジャタン

レシピを振り返ってみると、作るのはそんなに複雑ではないですね。

何ヶ月か前に、サイトを見てくださる方からリクエストがあったカムジャタン。

遅くなってすみませんが、美味しくできました~!

レシピ動画をアップしてくれた韓国人主婦の方にも、カムサハムニダ감사합니다^^

 

カライチをフォロー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

簡単!きな粉餅のレシピ。レンジで3分・お湯で7分 ♪韓国のインジョルミ

きな粉餅の作り方。電子レンジ3分で出来上がる簡単おやつです☆鍋で沸かしたお湯に7分蒸らしてもOK!韓国の人気お餅インジョルミ(인절미)も本場のレシピと合わせて紹介します。きな粉餅は切り餅や、もち米、もち米粉で作れます!

韓国の小正月テボルム(정월대보름)の食べ物とレシピ。五穀飯や10種ナムル

旧暦1月15日の小正月は、韓国では정월대보름(ジョンウォルデボルム)という節句の日です。テボルムの意味と代表的な食べ物、本場のレシピを紹介します。五穀ご飯や、ボルムナムル、ブロムなど。乾かした野菜で作るナムルを食べますが、その名前についても詳しく!

サバの煮付けの韓国人気レシピ。大根と春菊入り♪コドゥンオチョリム

韓国風サバの煮付け、コドゥンオチョリム(고등어조림)のレシピ。辛めのタレと柔らかい鯖の身が美味しくてご飯もお酒もすすみます~!韓国の人気レシピと合わせて本場の作り方もお届けします。野菜は大根とじゃがいもが人気ですが、旬の春菊もよく合います。出来たても作り置きも美味しいです。

餃子のアレンジに人気♪ヤンニョム餃子の作り方。ヤンニョムチキンのタレで簡単!

ヤンニョムチキン風餃子のレシピ。韓国で餃子の簡単アレンジとして人気!市販の餃子で作るとタレを作るだけで簡単なので、もう一品おつまみ、おかずがほしい時にも良いです。冷凍餃子のリメイクレシピとしてもオススメです。

簡単!かぼちゃ粥(スープ)の韓国レシピ。本格的な作り方も♪호박죽

かぼちゃ粥(スープ)のレシピ。韓国の人気おかゆ、ホバクジュク(호박죽)の作り方を紹介します。ダイエット食と離乳食として活用している韓国人も多いです。ミキサーなしでさっと作れる簡単レシピと、米・小豆入りの本格的な作り方を韓国人主婦の人気レシピ動画と合わせてお届けします。

旨辛!あんこうの蒸し煮・アグチムの韓国レシピ。コラーゲンたっぷり人気おつまみ

韓国のあんこう料理アグチムの作り方。辛めのタレに煮込んだあんこうに、シャキシャキしたもやしと香りの良いせりが美味しいです。韓国人主婦の人気レシピと合わせて本場の作り方も紹介します!あんこう鍋以外の作り方を試したい方におすすめ。おかずにもおつまみにも良いです~!

人気記事

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

大根の甘酢漬けレシピ。韓国のチキンに必ずついてくるチキンムを簡単に!

大根の甘酢漬けの簡単なレシピ。韓国のチキンム(チキン大根 치킨무)の作り方です。ヤンニョムチキンや、フライドチキン、唐揚げなどの揚げ物がさらに美味しくなる甘酸っぱい漬物!

本場のヤンニョムチキンのレシピ。揚げない+美味しいタレの比率

韓国料理ヤンニョムチキンのレシピです。揚げなくてもフライパンで簡単に作れます。やみつきになる一品♪美味しいタレの作り方も。胸肉でヘルシーに!ヤンニョムチキンとはチキンにコチュジャン味の甘辛ソースを絡めた料理です。

【キンパの簡単レシピ】具材ごとのキンパの種類を分かりやすく!

韓国の海苔巻き「キンパ(キンパプ)」について具材ごとの種類とレシピを紹介します。「基本キンパ」をはじめ、主役の具材を入れた「代表的な人気キンパ」、最近人気の「流行りのキンパ」をまとめて紹介! 韓国の人気レシピも合わせてチェックしてください。

サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!

お家で簡単に楽しめる「サムギョプサル」のレシピ。準備するタレのサムジャン、包む野菜、人気の副菜・キムチについて分かりやすくまとめました!サムギョプサルは韓国語で삼겹살ですが、三枚肉の意味です。

お土産にもおすすめ。韓国のスーパーで購入する調味料・食べ物17選+

韓国ソウルのスーパーで購入している調味料・食べ物のお土産をリストアップ!韓国料理が好きな方や、韓国に初めて行く方に少し役に立つ記事になればいいなと思います。

韓国の海苔巻きキンパのレシピ。本場でよく入れる基本具材で簡単!色鮮やかに

韓国の海苔巻きキンパのレシピです。ごま油の香りがよく野菜もたっぷり取れます。基本具材で作った野菜キンパ、ツナキンパの作り方を紹介します。プルコギを入れても美味しいです♪韓国語では김밥(キンパプ)、のりご飯の意味です。