ホーム 韓国料理レシピ キムチ 乳酸菌たっぷり!大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ+動画

乳酸菌たっぷり!大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ+動画

さっぱりと美味しい。健康にも良い水キムチ

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

消化にも良いことから韓国で人気の水キムチ。

白菜をたっぷり入れて作る水キムチもありますが、今回作った水キムチは大根が主役の「동치미 トンチミ」というものです。

水キムチの汁には、普通のキムチより乳酸菌が多く含まれていて、その乳酸菌はヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌ではなく、酸などに強い植物性乳酸菌のため、生きたまま腸まで届くらしいです。

それが腸内環境の改善に抜群に良い理由ですが、効能だけでなく、冷たい汁はさっぱりスッキリとした味でとても美味しいです!

 

韓国の大根水キムチ「トンチミ」熟成後

ダイエット、美肌にも良い水キムチ。

調味料もシンプルで、作り方も難しくないです。

参考にした韓国の人気レシピ+動画も載せたので、合わせてチェックしてください~。

 

材料と調味料

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ、材料とヤンニョム
★梨がなかったので、玉ねぎのすりおろしを1個分入れました。

  • 大根1本
  • 小ネギ1束
  • 玉ねぎ1個
  • りんご1個
  • もち米粉(または小麦粉)大さじ1+1/2
  • 大さじ2
  • 2L
  • 塩(あれば粗塩) 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • にんにく(すりおろし)大さじ3
  • 生姜(すりおろし)大さじ1
  • 玉ねぎ(すりおろし)1/2個
  • 梨(すりおろし)1/2個
  • 【おすすめ追加具材】「白菜」を少し入れても美味しいです。「赤唐辛子」を入れると彩りもよくなります。
  • 【梨】がなければ、リンゴ、玉ねぎ、大根のすりおろしでも良いです。
  • 【調味料のアレンジ】塩の一部を「いわしの魚醤」に代えたり、砂糖を省略して汁に「梅シロップ」を追加しても良いです。韓国の調味料についてはこちらの記事を参考にしてください。
  • 【大きい保存容器】熟成のため密閉容器が良いです。今回の量は4.6Lサイズの容器にちょうど入る量です。こちらの密封保存容器(Amazon)を使用。

 

ひと目で分かるレシピ

  1. 1大根を洗い、汚れている皮の部分はピーラーで剥きます。全体を4センチの長さで切り、1センチの厚さで拍子木切りにします。
  2. 2切った大根を保存容器に入れ、塩3と砂糖2を混ぜ合わせて30分置きます(時々上下を裏返します)。☆漬けたあとの大根は洗いません。
  3. 3鍋に400ml(分量外)ともち米粉1.5を入れ、中火でよく溶けるまでかき混ぜます。塩2と水2L(一部でも)を加えて混ぜておきます。
  4. 4薬味と果物をすりおろしにします(ミキサーでもOK)。
  5. 5小ネギは3cmの長さに切り、玉ねぎとリンゴは薄切りにします。
  6. 6保存容器に3+4+5(+水2Lの残り)をすべて加えて混ぜ合わせたら、完成です♪
  • 【熟成期間】1~2日間常温保存、5日間冷蔵保存で発酵させてからお召し上がりください。
  • 【3※】水道水の場合、一度沸かしてから冷まします。
  • 【6※】3+4を入れる時に、こし器やこし布を使用して入れるときれいな汁になります。

 

参考になる韓国のレシピ+動画

今回は、韓国レシピサイトの下記レシピを一番参考にしました。

갈비집에 가면 나오는~ 무물김치 맛있게 담그는 비법(만개의 레시피)

ちょうど大根一本で作るレシピだったので、塩などの分量も分かりやすく、ほぼ同じ感じで作りました。

↓ 韓国語のタイトルを直訳するとこの意味です。

焼き肉屋さんに行くと出てくる大根の水キムチを美味しく作るコツ

消化にもよくさっぱりするキムチなので、韓国の焼肉屋さんでよく出てきます。

コメントを見たら、日本人らしい方が「初めて水キムチを作ってみましたが、とても美味しくて感動しました」と韓国語で書いてありました。

↓ いつも見ている「シムバンコル ジュブ 심방골 주부」のレシピ動画も参考にしました。

물김치 ムルキムチ」と書いてありますが、「水キムチ」の意味です。「물 ムル」=「水」です。

リンゴは、すりおろして入れることもありますが、このように切って入れると色鮮やかで良いですね。

リンゴを入れると、発酵が進みやすくなる効果もあるとのことです。

小ネギは、根のところから半分くらいを使い、端っこのところは入れてないです。そうすることで、見た目がより綺麗になります。

カライチ「キムチ」レシピ一覧

 

写真付きの詳しい作り方

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

Step1大根を洗い、全体を4センチの長さで切り、1センチの厚さで拍子木切りにします。

皮はついているままで良いですが、汚れている部分があれば、ピーラーで剥きます。

動画の方は、もう少し幅広く切っていますが、好みによって調整してくださいね。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

Step2切った大根は、保存容器に入れます。

漬けた後の大根は洗わないので、保存容器に入れてしまっても大丈夫です。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

塩と砂糖を混ぜ合わせて30分置きます(時々上下を裏返します)。

塩 大さじ3
砂糖 大さじ2

砂糖を入れることで、大根の歯ごたえが悪くなると言う人もいます。梨があれば、砂糖を省略するか、汁のほうに梅シロップを入れても良いと思います。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

Step3鍋に400ml(分量外)ともち米粉を入れ、中火でよく溶けるまでかき混ぜます。

もち米粉(小麦粉でもOK)大さじ1+1/2

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

塩と水を加えて混ぜておきます。

塩 大さじ2
水 2L

塩は、熱いうちに入れてよく溶かしてから、水を加えて冷ましておきます。

水2Lが鍋に全て入らなければ、残りは最後のステップで容器に直接入れます。

汁を楽しむキムチなので、美味しい水が良いですが、水道水の場合は一度沸かしてから冷まします。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ、材料とヤンニョム
手前の玉ねぎ1個、にんにく、生姜をすりおろしました。新玉ねぎとリンゴと小ネギは、追加具材です♪

Step4薬味と果物をすりおろしにします。

にんにく(すりおろし) 大さじ3
生姜(すりおろし) 大さじ1
玉ねぎ(すりおろし) 1/2個
梨(すりおろし) 1/2個

梨の甘みが美味しいので、韓国では基本梨を入れますが… なかったので、玉ねぎを1個分すりおろしました。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ、具材とヤンニョム

おろし器でも、ミキサーでも大丈夫です。

今回は、久しぶりにミキサーを使いました。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ、材料とヤンニョム

Step5小ネギは3cmの長さに切り、玉ねぎとリンゴは薄切りにします。

玉ねぎと小ネギの他に「白菜」を入れても美味しいです。

切った玉ねぎとリンゴは、保存容器に入れてしまいました。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ、材料とヤンニョム

Step6保存容器に3+4+5をすべて加えて混ぜ合わせたら、完成です♪ 

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

☆3+4は、こし器やこし布を使用して入れると、きれいな汁になります。

↓下記のようなこし器、こし布があれば良かったのですが… なかったので、わりと目の細かい水切り用のザルを使って入れました。

「こし器」ベストセラー1位(Amazon)
「こし布」人気商品(Amazon)

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

完成です!

水2Lもすべて入りました。

 

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

熟成して食べるキムチなので、この時味見しても美味しく感じませんでしたが、

見た目は、とりあえずいい感じ!

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

リンゴが入っていて華やかですね^^

こし器を使わなかったので、少し汁が濁ってはいましたが、美味しい汁になりそうな予感がしました。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ。密閉容器で保存

熟成期間

常温保存期間の目安は、1日くらい。

1日とちょっと常温保存してから冷蔵庫に入れました。

夏場は1日くらいが良いと思いますが、1日~2日以内で調整する人が多いです。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ。密閉容器で保存

気になって、冷蔵庫に入れてから3日目に味見をしてみました。

蓋に水滴がついていました。発酵も進んでいる証拠かな?

ちゃんと密閉されている感じですね。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

蓋を開けたら、水キムチの良い匂いがふわっと~

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

作ったばかりのときより、汁が綺麗に澄んでいました。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の韓国レシピ

リンゴとネギが軽いから上に浮いていますが、

 

大根の水キムチ「トンチミ」の熟成

「自分たちが主役ですけど」

と大根が下から叫んでいます^^

汁の色も韓国で見てきた色に近かったです。

 

大根の水キムチ「トンチミ」の発酵

味見したら、新玉ねぎがめちゃくちゃ美味しくて!

 

大根の水キムチ「トンチミ」

上下を混ぜておきました。

作ったばかりの時は、しょっぱいかなと思いましたが、熟成後はちょうどいい塩加減になっていました。

でも、もししょっぱく感じる場合は ⇒ 水

薄く感じる時は ⇒ 塩 を追加で良いとのことです。

 

大根の水キムチ「トンチミ」

美味しかったのですが、

全体的にはもうちょっと熟成が必要そうな感じでもうちょっと冷蔵保存しました。

 

冷蔵保存して5日が過ぎてからは、少しずつ出して食べています。

 

韓国の大根水キムチ「トンチミ」熟成後

汁も大根もだんだん味に深みが出てきています。

発酵によって変化していく味も楽しみです~。

 

韓国の大根水キムチ「トンチミ」

さっぱりした酸味と甘味が美味しいです。

腸内環境が整うことで、ダイエット、美肌効果にもつながるらしいので、密かに期待しながら少しずつ食べています。

 

カライチ「キムチ」レシピ一覧

カライチをフォロー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

レンジで簡単♪柔らかい茄子のスパイシーナムル。いつも美味しい作り置きおかず

レンジで5分!なすナムルの簡単レシピです。柔らかい茄子にピリ辛ヤンニョムがギュッと染み込んでいて美味しいです。作り置きおかずにも活躍♪韓国のレシピ動画も合わせてお届けします。

レンジで簡単!ごぼうの酢コチュジャン和え。ピリ辛シャキシャキの変化球サラダ

ごぼうの酢コチュジャン和えのレシピ。韓国式のピリ辛×甘酸っぱい味付けに、シャキシャキとしたごぼうの食感が美味しいです。電子レンジで10分以内で作れる簡単サラダ(副菜)です。

美味しい自家製カクテキのレシピ。大根の食感をアップ+水っぽくならないコツ

自家製カクテキの作り方を韓国の人気レシピ動画と合わせてお届けします。ぽりぽりと大根の美味しい食感をアップし、ヤンニョムが水っぽくならないコツをご紹介。アミの塩辛か魚醤があれば、作るのは簡単です。

旨辛~豚スペアリブの煮込みレシピ。韓国テジカルビチム♪お店の料理長の作り方

豚スペアリブの煮込み料理の簡単レシピ。甘辛くて旨辛い韓国テジカルビチムの作り方をお店の料理長の人気レシピ動画と合わせて紹介します。コチュジャン入りの味付けが染み込んでいるお肉や大根が美味しいです。

ホクホク甘辛!じゃがいもの煮物レシピ。韓国の簡単おかず♪コチュジャンとコツ

じゃがいもの煮物の簡単レシピ。韓国カムジャチョリムの作り方です。美味しさのコツはレンジを使う時のひと工夫とコチュジャンを少し入れること。冷めても美味しいので、作り置きおかずとしても人気です。韓国人主婦のレシピ動画と合わせて紹介します。

人気記事

タッカンマリのレシピ。東大門の人気店のようなタレも!韓国人の作り方

韓国式水炊きタッカンマリのレシピです。2種類のタレの作り方も。人気のタレ「タデギ」は簡単に作れます!丸鶏で作りますが、手羽先・手羽元・もも肉を好みの組み合わせで作るのがおすすめです。タッカンマリとは韓国語では「鶏一羽」という意味です。

本格オイキムチの作り方。基本が分かる韓国人料理研究家のレシピ ♪きゅうり

おうちで本格的なオイキムチを!韓国のレシピですが、魚醤さえあれば簡単です。きゅうりの切り方についても詳しく!信頼できる料理研究家と韓国人主婦のレシピ動画から作り方をお届けします。今回紹介するキュウリキムチは韓国語で「オイソバギ」と言います。

大根の甘酢漬けレシピ。韓国のチキンに必ずついてくるチキンムを簡単に!

大根の甘酢漬けの簡単なレシピ。韓国のチキンム(チキン大根 치킨무)の作り方です。ヤンニョムチキンや、フライドチキン、唐揚げなどの揚げ物がさらに美味しくなる甘酸っぱい漬物!

本場のヤンニョムチキンのレシピ。揚げない+美味しいタレの比率

韓国料理ヤンニョムチキンのレシピです。揚げなくてもフライパンで簡単に作れます。やみつきになる一品♪美味しいタレの作り方も。胸肉でヘルシーに!ヤンニョムチキンとはチキンにコチュジャン味の甘辛ソースを絡めた料理です。

【キンパの簡単レシピ】具材ごとのキンパの種類を分かりやすく!

韓国の海苔巻き「キンパ(キンパプ)」について具材ごとの種類とレシピを紹介します。「基本キンパ」をはじめ、主役の具材を入れた「代表的な人気キンパ」、最近人気の「流行りのキンパ」をまとめて紹介! 韓国の人気レシピも合わせてチェックしてください。

お土産にもおすすめ。韓国のスーパーで購入する調味料・食べ物17選+

韓国ソウルのスーパーで購入している調味料・食べ物のお土産をリストアップ!韓国料理が好きな方や、韓国に初めて行く方に少し役に立つ記事になればいいなと思います。

美味しい自家製カクテキのレシピ。大根の食感をアップ+水っぽくならないコツ

自家製カクテキの作り方を韓国の人気レシピ動画と合わせてお届けします。ぽりぽりと大根の美味しい食感をアップし、ヤンニョムが水っぽくならないコツをご紹介。アミの塩辛か魚醤があれば、作るのは簡単です。